次期プリウスが見えた!「トヨタ・ハイブリッドX」【ジュネーブショー07】

2007.03.12 自動車ニュース
「トヨタ・ハイブリッドX」
次期プリウスが見えた!「トヨタ・ハイブリッドX」【ジュネーブショー07】

【ジュネーブショー07】次期プリウスが見えた!「トヨタ・ハイブリッドX」

2007年3月6日にプレスデイで幕を開けたジュネーブショー。
トヨタブースに鎮座する「ハイブリッドX」は、次期「プリウス」と噂される。その真相は?


次期プリウスが見えた!「トヨタ・ハイブリッドX」【ジュネーブショー07】

■次期型のデザインプロポーザル

初代プリウスのデビューは1997年で、2代目(現行型)は2003年。6年がプリウスの製品サイクルとするなら、3代目を公開するのは時期的にちょっと早い。
そんなこともあってか、トヨタはこの未来的なフォルムを持つ「ハイブリッドX」と次のプリウスの関連性を何も明言していない。
しかし、なだらかなルーフラインにリアエンドにはめ込まれた後方確認用のウィンドウ、縦長のヘッドランプクラスターと、このクルマは結構はっきりと「次期プリウスです」と自己主張している。

今回、ハイブリッドシステムに関する具体的な提案はなきに等しかった。したがって「ハイブリッドX」は、純粋なデザインプロポーザルとして鑑賞すべき。担当したのは、トヨタの欧州デザイン拠点、ED2(フランス・ニース)である。

■ミニバン的だが、新しいフォルム

ルーフのラインが平坦で、よりミニバン的なフォルムに進化したが、その素性は純粋な4ドア、4シーターカーだ。居住性や空力を追及していくと抑揚に乏しい退屈なフォルムになりがちだが、「ハイブリッドX」にはわりと骨太なかたちで“新しさ”が宿っている。個性的な欧州勢のなかにあっても、しっかりそう感じられる。

ドアはショーカーお約束のギミックともいうべき“観音開き”である。しかしBピラーレスのクルマをすでに複数量産化しているトヨタだけに、「次のプリウスはきっとこうはならないだろう」とは言えない。
ひとつ指摘するなら、リアドアから後ろの部分のボリューム感があり、少々視覚的に重々しく感じられる。そこにもう1列シートが隠れているかと思えるほどだ。しかし意外なことに全長は4500mmと現行プリウスとほぼ同じレベルに収まっている。

トヨタ・モーター・ヨーロッパのティエリー・ドンブレバル上級副社長は、記者会見で「数年内に全世界におけるハイブリッド車の販売台数を2倍に引き上げる計画」と語り、新型プリウスにかける意気込みの大きさを暗に示した。

(NAVI竹下)

関連キーワード:
プリウストヨタジュネーブモーターショー2007イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • 東京オートサロン2018(トヨタ) 2018.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は「東京オートサロン2018」で“カスタマイズブース”を設営し、「クラウン コンセプト」や「ハイエース」をベースにしたコンセプトモデルを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • 第75回:安物買いの銭失い 2018.1.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第75回は「安物買いの銭失い」。「MJ戦略参謀本部」放談、第3弾。人は、激安イタ車に愛をささげ続けると、どうなるのか!? 攻めのビンボーカーマニアが、匍匐(ほふく)前進で挑んだ、愛車との日々を語る。   
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
ホームへ戻る