第10回:「ロータス・ヨーロッパS」です(3)

2007.03.11 エッセイ

第10回:「ロータス・ヨーロッパS」です(3)


第10回:「ロータス・ヨーロッパS」です(3)

想像たくましく

「ロータス・ヨーロッパS」ですね。

「どこに置いてもさまになるスポーツカーだなぁ」と思って、スナップ!
「どう?」と編集部でジマンしたら、
「背景を選べ」との声、多数。

ヨーロッパS、全長は3900mmですから、
「トヨタ・ヴィッツ」より15cm長い。

較べついでに、ホイールベースは、
ヴィッツが2460mm。
ヨーロッパSが2330mm。

前後のトレッドは、
ヴィッツが1470/1460mm。
ヨーロッパSは1457/1490mm。

それぞれのホイールベースをトレッドの平均値で割ってみると、
ヴィッツが1.68。
ヨーロッパが1.58。
さすがにヨーロッパSのほうが相対的にトレッド広し。

1500mm超の車高をもつFF実用ハッチと、全高1120mmのミドシップ2シーターを比較してどうするんだ? とわれながら思いますが、

「うーむ、ヨーロッパS。前のトレッドの意外な狭さ。175という細めのタイヤと併せ、コーナリングではあんまりフロントに頑張ってほしくないのかしらん?」

と、スペックを見て想像をたくましくできるのが、
スポーツカーの楽しいところ!?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ