【スペック】全長×全幅×全高=4245×1765×1460mm/ホイールベース=2620mm/車重=1422kg/駆動方式=FF/2.2リッター直4DOHC16バルブ(140ps/4000rpm、34.7kgm/2000rpm)(欧州仕様)

ホンダ・シビック2.2i-CTDiエグゼクティブ(FF/6MT)【海外試乗記】

ジャパニメーションカー 2007.03.10 試乗記 ホンダ・シビック2.2i-CTDiエグゼクティブ(FF/6MT)


ってなわけでドイツ半在住の小沢が送るヨーロッパ直行便インプレ第2弾は「ホンダ・シビック」のディーゼル。そ、日本で売られてない、ヨーロッパ専用ボディのシビック・ハッチバックに乗ってきました。

プレーンなだけじゃ売れない時代

このクルマのポイントはヒジョーにカンタン。普通のシビックじゃいまさら売れないってとこです。個性が強かった初代モデルならともかく、最近のホンダ車は正直クセがなさ過ぎる。
確かにホンダエンジンは良く回るし、普通に便利で美しいクルマだ。アメリカじゃブランドイメージも高いし、そのデザインテイストと相性がいいのか、相変わらずの人気だけど、ヨーロッパじゃその手のライバルが沢山存在する。

「VWゴルフ」「プジョー206&207」」「ルノー・メガーヌ」、さらにオペルにトヨタにスズキと、ハッキリいって埋没してしまうのだ。個人的には徹底的にF1イメージを生かすか、昔みたいに超インテリジェンスな作りやデザインを採用して欲しいもんだけど、そうそうカンタンにはいかない。

そこでヨーロッパホンダが考えた次善のアイデアが“超ハイテクデザイン”だ。もしくは機動戦士ガンダムのような“ジャパニメーションデザイン”といってもいい。要するにハッキリとニッチ(スキ間)狙いに切り替えたってわけ。万人向けのクセのないプレーンなカタチではなく、ある主理想主義的なまでの子供っぽいカタチ。そこには日本のアニメーション、つまりジャパニメーションにも共通するが、コアでディープなファンが存在する。どうせならガツンとそちらを狙おうというわけだ。結果的にF1ファンを捉えることができるかもしれないし。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その12) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。ホンダブースの主役は「シビック タイプR」の量産型(欧州仕様)。EVコミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」も展示された。
  • 【ジュネーブショー2017】ホンダ、新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開 2017.3.7 自動車ニュース 本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2017年3月7日、ジュネーブモーターショーで新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開した。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
ホームへ戻る