第8回:「ロータス・ヨーロッパS」です

2007.03.10 エッセイ

第8回:「ロータス・ヨーロッパS」です

「ロータス・ヨーロッパS」です

今日も今日とて朝から仕事。

夜が明けたばかりの渋谷です。

“オール”のみなさんが家路に急ぐ、のか、次の遊び場に行く、のか、それはさておき。

あ、“オール”というのは、徹夜で遊ぶこと。哲也は『NAVI』の編集長。加藤哲也です。念のため。

はい、「ロータス・ヨーロッパS」ですね。

かっけー……(ふたたび無理して若者言葉を使ってみました。“カッコいい”の意味です。念のため)。

ロータス・ヨーロッパS。
アルミで作ったバスタブに、車輪を付けて、エンジンを載せたクルマ。
新生ロータスの代名詞(の2代目)2人乗りスポーツカー「エリーゼ」用のバスタブを、もうすこしユッタリ浸かりたいと思ったオーナーが、チェーンソーで真ん中からぶった切ってアルミを足して長くした……、

スイマセン。

ヨーロッパは、エリーゼのホイールベースより30mm長い2330mmのホイールベースをもつシャシーを開発して、オシリにより実用的なトランクを付けたモデルです。
いわば、ロータスが翻訳した“グランドツーリング”といえよう。
ふっふっふ……。
でも、2330mmという数字が「オペル・スピードスター」と同じ、なことはヒミツだ。

エンジンは、ブリッツマーク由来の「ECOTEC」ユニットに、ターボチャージャーと「LOTUS」の文字が入ったカバーを付けたもの(だけじゃなーい、ロータス!)。

最高出力200ps!!

お値段、664万6500円!!!

ヨーロッパ「S」の次にリリースされる(ただの)「ヨーロッパ」が、もうすこし廉価なことを期待したい。
「もしかして『S』が取れたら、ターボも取れちゃって、そのかわり排気量が2.2リッターになってたりして」なんて、無駄な心配はしないように(→自分)。

全長はエリーゼより115mm長くなって3900mmとなっとりますが、依然として2人乗りのままです。念のため。
あと、トランスミッションは6段MTだけだから、オートマ免許じゃ乗れませんです。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ