【スペック】全長×全幅×全高=4260×1760×1530mm/ホイールベース=2600mm/車重=1460kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ(167ps/6000rpm、22.8kgm/4400rpm)/価格=277万2000円(テスト車=307万5450円)

トヨタ・ブレイドG(4WD/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ブレイドG(4WD/CVT) 2007.03.09 試乗記 ……307万5450円
総合評価……★★★★
国内向け“大人の高級ハッチ”を謳う「トヨタ・ブレイド」の4WDモデルに試乗。その使い勝手と乗り心地を試す。

足まわりは骨太

これまでのトヨタ車は、耐久強度的には十分ながら、剛性感の点でいまひとつガシッと感じられなかった足まわりが、ブレイドではかなり骨太な感じがでてきた。これでフリクション感をなくしスッキリさせれば欧州車に追いつくだろう。

やや大きめのエンジンを積み余裕で走らせるハッチバック、というコンセプトは理解できるが、クラスなりの高級感という点ではまだまだ足りない。50m評価的(試乗最初の50mで好評価を得る)にはクリアしているかもしれないが、長く付き合う気になれないところが泣きどころ。
じっくり乗ってよく見て、改良を加えて熟成させてゆく、時間的な開発期間が短かすぎるような気がする。この手のクルマは若者だけがユーザーとは限らないから、年配者の意見も入れて欲しいと思う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る