【スペック】全長×全幅×全高=4260×1760×1530mm/ホイールベース=2600mm/車重=1460kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ(167ps/6000rpm、22.8kgm/4400rpm)/価格=277万2000円(テスト車=307万5450円)

トヨタ・ブレイドG(4WD/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ブレイドG(4WD/CVT) 2007.03.09 試乗記 ……307万5450円
総合評価……★★★★
国内向け“大人の高級ハッチ”を謳う「トヨタ・ブレイド」の4WDモデルに試乗。その使い勝手と乗り心地を試す。

足まわりは骨太

これまでのトヨタ車は、耐久強度的には十分ながら、剛性感の点でいまひとつガシッと感じられなかった足まわりが、ブレイドではかなり骨太な感じがでてきた。これでフリクション感をなくしスッキリさせれば欧州車に追いつくだろう。

やや大きめのエンジンを積み余裕で走らせるハッチバック、というコンセプトは理解できるが、クラスなりの高級感という点ではまだまだ足りない。50m評価的(試乗最初の50mで好評価を得る)にはクリアしているかもしれないが、長く付き合う気になれないところが泣きどころ。
じっくり乗ってよく見て、改良を加えて熟成させてゆく、時間的な開発期間が短かすぎるような気がする。この手のクルマは若者だけがユーザーとは限らないから、年配者の意見も入れて欲しいと思う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る