「スカイライン」50周年記念イベント、横浜からスタート

2007.03.08 自動車ニュース

「スカイライン」50周年記念イベント、横浜からスタート

日産自動車は、「スカイライン」生誕50周年を記念し、2007年3月10日にスタートする「グランドツーリング・オブ・ジャパン」を皮切りに、各所で様々なイベントを開催する。

「グランドツーリング・オブ・ジャパン」は、スカイライン50周年記念イベントの第1弾。“グランドツーリングのときめき”をテーマに、スカイラインゆかりの地や景勝地を訪問するほか、歴代スカイラインのオーナーを表敬訪問するという。
2007年3月10日(土)、横浜赤レンガ倉庫を出発し、最終訪問地(北海道、薩摩半島)を目指す。

訪問予定地:
【出発地】:「横浜赤レンガ倉庫」(神奈川県横浜市中区新港)
「パールロード鳥羽展望台」(三重県鳥羽市国崎町字大岳)
「天橋立」(京都府宮津市文珠、大垣)
「鳥取砂丘」(鳥取県鳥取市)
「門司港レトロ」(福岡県北九州市門司区)
「薩摩半島」(鹿児島県南さつま市坊津町坊)
「草津町」(群馬県吾妻郡草津町)
「日本自動車博物館」(石川県小松市二ツ梨町一貫山)
「日産自動車村山工場跡地」(東京都武蔵村山市榎)
【最終訪問地】
(東コース)「ケンメリの木」(北海道上川郡美瑛町大久保協生)
(西コース)「薩摩半島」(鹿児島県南さつま市坊津町坊)
※変更の可能性あり。

初代スカイラインは1957年デビュー。現行型は、2006年11月20日にフルモデルチェンジされた12代目となる。2001年6月発売の先代11代目から、直6ユニットを“葬り”、新プラットフォームでグローバルモデルへと大変身した。
新型は、発売3ヶ月の2月時点で累計受注が1万2000台を超えたという。

なお、イベントの様子は、随時「SKYLINE BLOG」で紹介され、その後、スカイラインスペシャルサイトにも公開される。

・「SKYLINE BLOG」
http://blog.nissan.co.jp/SKYLINE/
・「スカイラインスペシャルサイト」
http://www.nissan.co.jp/SKYLINE/

(webCG ワタナベ)

50周年記念にデザインされたロゴ
“ときめき”を求めて、日産「スカイライン」50周年記念イベント始まる

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 「日産スカイライン」に誕生60周年を祝う特別仕様車 2016.11.7 自動車ニュース 日産自動車は「スカイライン」にデビュー60周年を祝う特別仕様車「60thリミテッド」を設定し、販売を開始した。セミアニリン加工を施した本革シートやオープンポアウッドの装飾パネルなど、カタログモデルとは異なる内装を特徴としている。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
ホームへ戻る