スズキ、「SX4」セダン発表、WRC参戦計画も【ジュネーブショー07】

2007.03.08 自動車ニュース
「SX4セダン」
スズキ、「SX4」のセダンを発表 WRC参戦計画も

【ジュネーブショー07】スズキ、「SX4」セダン発表、WRC参戦計画も

スズキは、2007年のジュネーブモーターショーで「SX4セダン」を発表。さらにWRC(世界ラリー選手権)のテスト参戦と、欧州におけるモータースポーツ活動計画を発表した。

「スイフトスポーツ ラリーカップ」
スズキ、「SX4」のセダンを発表 WRC参戦計画も

■スズキのモータースポーツ、活発化

「SX4セダン」は、その名のとおり、クロスオーバーモデル「SX4」のセダンバージョン。広いトランクルームを備え、くつろぎの居住性を実現したという。日本で生産し、今秋より欧州で販売を開始する。

さらに、そのベースモデルとなるハッチバック「SX4」には、1.6リッターのディーゼルエンジン搭載モデルを追加投入。2007年は欧州で34万台の販売を目指すとのことだ。

モータースポーツに関しては、WRC(世界ラリー選手権)への参戦に向けた、「SX4 WRC」の日本国内における開発とテストを終了。2007年4月からは欧州にテストの舞台を移す。
2008年シーズンからの本格参戦を前に、2007年10月のツール・ド・コルス(フランス)と11月のラリーGBの2戦にテスト参戦することを決定した。

また、欧州におけるモータースポーツ人口拡大をめざし、各国代理店が実施する「スイフトスポーツラリーカップ」をサポート。スイフトスポーツEUROスペックをベースにした「グループN車両」を設定し、2007年春より欧州各国で順次開催するという。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・キザシ(4WD/CVT)【試乗記】 2009.12.4 試乗記 スズキ・キザシ(4WD/CVT)
    ……302万9250円

    2009年の東京モーターショーで突如デビューした「スズキ・キザシ」。プレミアムセダン市場というジャンルに新規参入するスズキのチャレンジ作、その実力やいかに?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)/バレーノXG(FF/CVT)【試乗記】 2016.4.14 試乗記 スズキの新型Bセグメントコンパクト「バレーノ」がいよいよ日本でも発売された。インドで生産され、スズキの“お膝元”へと輸出される新しいグローバルカーの出来栄えやいかに? 運動性能と快適性を中心に、その実力を確かめた。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.2.17 画像・写真 フェラーリは2017年3月7日に開幕するジュネーブショー2017で、フラッグシップモデル「812スーパーファスト」を発表する。800psと73.2kgmを生み出す6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、340km/hの最高速を誇る。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
ホームへ戻る