第309回:コージの勝手にジュネーブ速報(その1)
和田師匠に直撃! エレガントアウディ復活の真相

2007.03.08 エッセイ

第309回:コージの勝手にジュネーブ速報(その1)和田師匠に直撃! エレガントアウディ復活の真相

アウディの4番バッターにインタビュー

ハロー! 今ジュネーブです。そう、久々の海外モーターショーに来ております。フランクフルトからクルマじゃなくって電車でひと飛ばし、ジュネーブショーに来てるってわけ。つくづくヨーロッパって一つの大国だわ〜。

早速ショー報告ですけど、今回の注目はなんといっても「アウディA5」! アウディ久々のミディアムサイズクーペで、全長4.65mというデカめのボディに、3.2リッターV6のガソリン直噴や2.7リッターV6の直噴ディーゼルを搭載するクワトロモデルだ。
同時にスポーツモデルの「S5」も発表されて、コイツは、ななんと354bhpの直噴V8を搭載する。いやー、こりゃまた過激だわ〜。

ってな話はさておき、A5のポイントはなんといってもデザイン。ハッキリいって“やっと”心のソコからカッコいい! と言い切れるデザインになったと思う。現行「A6」から始まった例の「デカグチ」のシングルフレームグリルが、見事に全体のフォルムに調和してるからだ。
しかもこれを描いたのは俺が勝手に“師匠”と呼んでいる、アウディAGシニアデザイナーの和田智さん。

直撃いたしましたっ!

小沢: 師匠! やりましたね。ハッキリいって素直にカッコいい! シングルフレームグリルも見事に調和してるじゃないですか。
和田: うーん、僕としてはA6にも誇りを持ってるけど、たしかにそういう声は多いよ。正直うれしいね。
小沢: しかも記者会見でアウディデザイン部門トップのワルター・ダ・シルヴァさんが「私のキャリアの中で一番美しい!」なんてホメてましたよね。あれは凄い。
和田: あれには僕も驚いた。彼のアルファ時代からの作品を含めてのことだからね。がんばったかいがあったよ。
小沢: 「A6」「Q7」に続いて和田さんの作なんでしょう。ホントにアウディの4番バッターになったってことですよね。
和田: いやいや僕もベテランの領域に入ってきたってこと。これからは若い人も育てないと。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』