第7回:ボルボC70です(3)

2007.03.08 エッセイ

第7回:ボルボC70です(3)

スカンジナビアンな?

「ボルボ」「サーブ」といった北欧メーカーが、他の自動車メーカーとの差別化のために打ち出しているのが、いわずもがなの“スカンジナビアン・デザイン”。「最小限の要素で機能を成立」「クールなデザイン」それに「木目の温かさ」が特徴……と、以前、サーブのプレス試乗会で教わったおぼえが。

はい、ボルボが「S40/V50」で打ち出した「フリーフローティング・センタースタック」ですね。これは「C70」の、です。
木目調パネルだと家具調だけど、一方、オプションのアルミパネルになると“うねって浮いている”姿が未来的。

カッコいいですねェ。

パネルの後ろのモノ置きは、実質、デッドスペースでありますが。

スカンジナビアン・デザインの大事な要素のひとつに「ユニバーサル性」があるそう。身体機能に不自由がある方にも使いやすく、というのがポイントで、かつてのボルボ車の、手袋していても使いやすい大きなボタン類とか無骨なスイッチ、握りやすいステアリングホイールの太いリム、なんて部分がそれに通じていたんだと思います。
でも、それがある種のヤボったさにつながっていたわけで、ボルボもサーブも大メーカーの傘下にはいって(フォードとGMね、念のため)、洗練されて、オシャレになって、いつの間にか“クールなスカンジナビアン”ばかりがアピールされるようになって……

なんて大上段なハナシはともかく、「フリーフローティング・センタースタック」のスイッチ、ダイヤル類って、わかりやすいですよね。

左上から時計まわりに、
・押すと「オーディオON/OFF」、回すと「ボリューム」
・押すと「サウンド調整」、回すと「チューニング」
・押すとエアコンの調整対象が「左/右/左+右」、回すと「温度」
・押すとエアコンが「オート」、回すと「風量」
といった具合。

エアコン、シートヒーターの使い方にも迷いが生じない。ユニバーサルなイラストが、なんかカワイイ!?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ