「ジープ・ラングラー」4ドアモデルが誕生!

2007.03.07 自動車ニュース

「ジープ・ラングラー」4ドアモデルが誕生!

ダイムラークライスラー日本は、フルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」を正式導入する。従来の2ドアに、新たに4ドアモデル「ジープ・ラングラーアンリミテッド」を加え、2007年3月16日に発売する。

「ジープ・ラングラー」が、10年ぶりにフルモデルチェンジされた。

ジープらしいボディはそのままに、サイズがひとまわり大きくなった。ベーシックモデル「スポーツ(4AT)」で、全長×全幅×全高=4185(前モデル比+270)×1880(+140)×1840(+40)mm、ホイールベースは2425(+50)mm。車重は、約160kg増加し1770kgになった。

従来の2ドアソフトトップの「ラングラー・スポーツ(4AT)」、ハードトップ「ラングラー・サハラ(4AT)」に加え、「ラングラー・ルビコン(6MT)」を新たに設定。
こちらは、「ロックトラックトランスファー」「トゥルロックディファレンシャル」「電子制御式フロント スウェイバーディスコネクトシステム」など専用装備で武装し、究極のオフロード性能を謳うモデルとなる。

■ジープを越えるジープ

新ラインナップの目玉となるのは、“ジープを越えるジープ”と主張される「ラングラー・アンリミテッド」。「ジープ・ラングラー」のホイールベースを520mm延長。「ジープ・グランドチェロキー」と比べても165mm長い2945mmのホイールベースに、“グラチェロ”よりやや小ぶりな4705×1880×1845mmのボディを載せる。
6:4で分割可倒する3人がけリアシートを備え、より広い荷室と居住空間を確保している。定員は5人。
ラングラーアンリミテッドは基本的にハードトップボディだが、ルーフに一大特徴がある。「フリーダムトップ」と呼ばれるそれは、3ピースからなるハードトップ。前部が左右2ピース、後部は大きなワンピースから構成される。フロントピースだけ取り外してサンルーフ状にしたり、すべてを外してオープンエアを楽しむことも可能だ。

ラングラーとラングラーアンリミテッドのエンジンは共通。新しくなったOHVのV6ユニットは、4リッターから3.8リッターにスケールダウンしつつも、出力は24psアップして199ps/5000rpmに、トルクは2.5kgm太って32.1kgmになった。
10/15モード燃費の数字は、リッターあたり6.2kmから7.1kmへと向上している。

安全面では、ABS(アンチロック ブレーキング システム)、BTCS(ブレーキ トラクション コントロール システム)、ERM(エレクトロニック・ロール・ミティゲーション)付きESP(エレクトロニック スタビリティ プログラム)が、ラングラーでは初めて全車標準装備となった。


価格は、2ドアモデルで、ソフトトップのベーシックモデル「ジープ・ラングラー・スポーツ(4AT)」が、旧型モデルより31万5000円アップの323万4000円。
ハードトップ版「ラングラー・サハラ(4AT)」はフェンダーがボディ同色、ホイールが16から18インチになるほか、防汚&抗菌シートやカーナビやサブウーファーなど装備を充実させて、368万5500円。
6MTバージョン「ジープ・ラングラー・ルビコン」は、384万3000円である。

4ドア5人乗りモデル「ジープ・ラングラーアンリミテッド」は「スポーツ」と「サハラ」の2グレードのみで、価格はそれぞれ379万500円と441万円だ。

ハンドル位置は、2ドア4ドアともに「右」のみの設定となる。

(webCG 関)

悪路をゆく「ジープ・ラングラー・ルビコン」
悪路をゆく「ジープ・ラングラー・ルビコン」
「ジープ・ラングラー」4ドアモデルが誕生!の画像
ジープ・ラングラーアンリミテッド
ジープ・ラングラーアンリミテッド

「ジープ・ラングラー」4ドアモデルが誕生!の画像
「ジープ・ラングラーアンリミテッド」の後席(フルフラット状態)
「ジープ・ラングラーアンリミテッド」の後席(フルフラット状態)
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
  • 「スバル・フォレスター」にシックなイメージの特別仕様車 2017.7.25 自動車ニュース スバルが「フォレスター」に特別仕様車「スマートエディション」を設定。上級グレード2モデルをベースに、ダークメッキのフロントグリルなどで内外装をコーディネートしたもので、一部の装備を簡略化することで、ベース車より価格も抑えられている。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る