「アルファ147」に、専用パーツで飾った特別仕様車

2007.03.07 自動車ニュース

「アルファ147」に、専用パーツで飾った特別仕様車

フィアット・オート・ジャパンは、アルファ・ロメオのハッチバック「アルファ147」に特別仕様車「スポルティーバ」を設定。2007年3月10日に発売する。

1.6リッターと2リッターともに、専用フロントグリル、エアインテーク、ヒーテッド電動ドアミラー、キックプレートなどアルミマット仕上げのパーツでドレスアップ。さらに、「スポルティーバ」専用デザインの17インチアロイホイールやエグゾーストフィニッシャー、リアルーフスポイラーなども備わる。
インテリアでは、ブラックメーターやスポーツインテリアが専用の装備。

2リッターモデルについては、さらにキセノンヘッドライトとポップアップ式ヘッドライトウォッシャー、フロントシートヒーターが追加される。

ボディカラーは、アルファレッドとブラック (2リッターモデルはカーボンブラック)の2色がラインナップ。
価格はそれぞれ、
・1.6リッター/5ドア/5MT/右ハンドル:265万円(ベースモデル比+7万7500円)
・2リッター/5ドア/セレスピード/右ハンドル:328万円(同+29万8000円)
・2リッター/5ドア/5MT/左ハンドル(受注生産):329万円(同+15万500円)
となっている。

(webCG 関)

「アルファ147」に、専用パーツで飾った特別仕様車の画像
縦横にラインが入った、新デザインのグリル。
縦横にラインが入った、新デザインのグリル。
「スポルティーバ」専用のブラックメーター。
「スポルティーバ」専用のブラックメーター。

関連キーワード:
アルファ147アルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
ホームへ戻る