「アルファ147」に、専用パーツで飾った特別仕様車

2007.03.07 自動車ニュース

「アルファ147」に、専用パーツで飾った特別仕様車

フィアット・オート・ジャパンは、アルファ・ロメオのハッチバック「アルファ147」に特別仕様車「スポルティーバ」を設定。2007年3月10日に発売する。

1.6リッターと2リッターともに、専用フロントグリル、エアインテーク、ヒーテッド電動ドアミラー、キックプレートなどアルミマット仕上げのパーツでドレスアップ。さらに、「スポルティーバ」専用デザインの17インチアロイホイールやエグゾーストフィニッシャー、リアルーフスポイラーなども備わる。
インテリアでは、ブラックメーターやスポーツインテリアが専用の装備。

2リッターモデルについては、さらにキセノンヘッドライトとポップアップ式ヘッドライトウォッシャー、フロントシートヒーターが追加される。

ボディカラーは、アルファレッドとブラック (2リッターモデルはカーボンブラック)の2色がラインナップ。
価格はそれぞれ、
・1.6リッター/5ドア/5MT/右ハンドル:265万円(ベースモデル比+7万7500円)
・2リッター/5ドア/セレスピード/右ハンドル:328万円(同+29万8000円)
・2リッター/5ドア/5MT/左ハンドル(受注生産):329万円(同+15万500円)
となっている。

(webCG 関)

「アルファ147」に、専用パーツで飾った特別仕様車の画像
縦横にラインが入った、新デザインのグリル。
縦横にラインが入った、新デザインのグリル。
「スポルティーバ」専用のブラックメーター。
「スポルティーバ」専用のブラックメーター。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6AT)【レビュー】 2016.2.12 試乗記 新旧の「ジュリエッタ」に、共通する味わいはあるのか? 初代のオーナーだったリポーターが、ミドシップスポーツ「4C」のエンジンを受け継いだ高性能グレード「クアドリフォリオ ヴェルデ」で軽井沢を目指した。
  • アルファ・ロメオ ジュリエッタ スポルティーバ(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.30 試乗記 スポーティーな装いが自慢の、「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」の新グレード「スポルティーバ」に試乗。ワインディングロードで、その走りっぷりを確かめた。
ホームへ戻る