「アルファ147」に、専用パーツで飾った特別仕様車

2007.03.07 自動車ニュース

「アルファ147」に、専用パーツで飾った特別仕様車

フィアット・オート・ジャパンは、アルファ・ロメオのハッチバック「アルファ147」に特別仕様車「スポルティーバ」を設定。2007年3月10日に発売する。

1.6リッターと2リッターともに、専用フロントグリル、エアインテーク、ヒーテッド電動ドアミラー、キックプレートなどアルミマット仕上げのパーツでドレスアップ。さらに、「スポルティーバ」専用デザインの17インチアロイホイールやエグゾーストフィニッシャー、リアルーフスポイラーなども備わる。
インテリアでは、ブラックメーターやスポーツインテリアが専用の装備。

2リッターモデルについては、さらにキセノンヘッドライトとポップアップ式ヘッドライトウォッシャー、フロントシートヒーターが追加される。

ボディカラーは、アルファレッドとブラック (2リッターモデルはカーボンブラック)の2色がラインナップ。
価格はそれぞれ、
・1.6リッター/5ドア/5MT/右ハンドル:265万円(ベースモデル比+7万7500円)
・2リッター/5ドア/セレスピード/右ハンドル:328万円(同+29万8000円)
・2リッター/5ドア/5MT/左ハンドル(受注生産):329万円(同+15万500円)
となっている。

(webCG 関)

「アルファ147」に、専用パーツで飾った特別仕様車の画像
縦横にラインが入った、新デザインのグリル。
縦横にラインが入った、新デザインのグリル。
「スポルティーバ」専用のブラックメーター。
「スポルティーバ」専用のブラックメーター。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ 2016.9.28 画像・写真 FCAはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、「アルファ・ロメオ・ジュリア」の新しいバリエーション「ジュリア ヴェローチェ」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る