【スペック】全長×全幅×全高=5075×1870×1420mm/ホイールベース=2955mm/車重=2000kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブ(387ps/6000rpm、54.0kgm/2800-4800rpm)/価格=1520万円(テスト車=1595万6000円/フルレザー仕様=52万5000円/ディストロニック=23万1000円)

メルセデス・ベンツCL550(FR/7AT)【試乗記】

無駄を楽しむ 2007.03.07 試乗記 メルセデス・ベンツCL550(FR/7AT)
……1595万6000円

7年振りにフルモデルチェンジされた、ベンツのラクシャリークーペ「CLクラス」。快適で豪華な新型に乗ってみると……。

ラクシュリーの頂点

「Sクラス」の贅沢さと最新技術を受け継ぎながら、Sクラスよりもさらにパーソナルなイメージを打ち出すラクシュリーカーがCLクラスである。Sクラスのフルモデルチェンジに続き、このCLクラスも2006年後半に新世代を迎え、日本でも販売がスタートした。

旧型に比べて、全長で75mm、全幅で15mm、全高で20mm拡大したCLクラスは、物理的なサイズアップ以上に大きく見える。張り出した前後のフェンダーや大きな弧を描くルーフライン、そして、スリーポインテッドスターを中心に納めた押し出しの強いグリルのデザインがそう思わせるのだろうか? 堂々たる姿はラクシュリーの頂点にふさわしいが、クーペとしてのエレガントさがやや不足気味なのが、個人的には気になるが……。

しかし、室内に目をやれば、上質なレザーやウッドで覆われたパネルに、光り輝くスイッチ類があしらわれた様子は贅沢の一言で、Sクラスと細部が異なるデザインには、クーペらしいスポーティさが感じ取れた。

インパネは、中央に配置される大きな速度計がデザインを特徴づけている。しかもこの部分は8インチディスプレイに表示される映像である。ステアリングコラム右側から伸びる「ダイレクトセレクト」と呼ばれるシフトレバーや、センターコンソール部のコントローラーに各種スイッチを統合した「COMMANDシステム」とともに、すでにSクラスでもお馴染みの装備だ。
このうち、速度計だけはいまだに違和感を拭えないが、CLクラスに標準装着される暗視システム「ナイトビューアシスト」を使って、夜間の映像を速度計の代わりに表示させ、その明瞭な画像を見せつけられると、「バーチャルな速度計も時代の流れか」と思えてしまう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る