第5回:ボルボC70です

2007.03.06 エッセイ

第5回:ボルボC70です


ボルボC70です

ライバルは、いない!?

はい、ボルボC70ですね。
通勤途中に撮ってみました。
地球温暖化は心配ですけど、“早めの春”を感じさせるおだやかな晴れた日に、4座のカブリオレはよく似合う。
乗ってるのがドライバーひとりというのが、ちょっと寂しいですが。

ボルボC70は、2005年のフランクフルトショーでデビューした、北欧メーカーの“クーペ・カブリオレ”。
日本では、昨2006年12月20日から予約受付が開始されました。先行して発売されたアメリカ、ヨーロッパでは、先代を大きくうわまわる好評さだとか。年間生産台数が、1万6000台から1万8500台に引き上げられた。

エンジンは2.4リッター直列5気筒。
トランスミッションは、シフターを前後に動かすことでギアを変えられる、スポーツモード付き5段AT。

お値段は、おとなしい自然吸気モデル(140ps)が469万円。
ターボモデル「T-5」(220ps)が545万円となっとります。

ちなみに、写真はNAの「C70」。

ところで4座のオープンカーって、輸入車の独壇場ですね。ドイツ勢では、「アウディA4カブリオレ」あたりが雰囲気的にも……、すでにラインナップから落ちてました。
「BMW335iカブリオレ」は……、783万円とずいぶんいいお値段。

あえてライバルを挙げると、新顔「フォルクスワーゲン・イオス」2リッターターボの438万円あたりになりましょうか。
「ルノー・メガーヌ・グラスルーフカブリオレ」なら388万5000円と、だいぶ身近になります。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ