【スペック】20X(4WD):全長×全幅×全高=4290×1755×1670mm/ホイールベース=2700mm/車重=1500kg/駆動方式=4WD/2リッター直4SOHC16バルブ(150ps/6200rpm、19.4kgm/4200rpm)/価格=248万8500円(テスト車=305万5500円)/写真は「20Xi(FF)」

ホンダ・クロスロード 20X(4WD/5AT)/ホンダ・クロスロード 18L Xパッケージ(FF/5AT)【試乗記】

好感がもてる 2007.03.06 試乗記 ホンダ・クロスロード 20X(4WD/5AT)/ホンダ・クロスロード 18L Xパッケージ(FF/5AT)
……305万5500円

「ストリーム」をベースに、7人乗りの新型コンパクトSUV「クロスロード」がデビュー。タフネス感あふれるデザインに秘められた走りを、笹目二朗が検証する。
【テスト車クロスロード20Xのオプション装備】
Honda HDDインターナビシステム=26万2500円/プレミアムスタイルパッケージ=13万6500円/ディスチャージヘッドライト=6万3000円/ユーティリティパッケージ=4万2000円/運転席&助手席シートヒーター=3万1500円/車体色プレミアムホワイトパール=3万1500円
(写真の「20Xi(FF)」は、プレミアムスタイルパッケージおよびディスチャージヘッドライト非装着車)
ホンダ・クロスロード 20X(4WD/5AT)/ホンダ・クロスロード 18L Xパッケージ(FR/5AT)【短評】

どこでもなじむ秀作デザイン

「クロスロード」は最近のホンダ・デザインの中でも秀逸。いわゆるインダストリアル・デザインの主流的手法である、定規とコンパスで創り出される造形は、ときに無機質で冷たいが、クロスロードは徹底してカドを落として四角い箱デザインながら丸さ=温か味を感じさせる。これこそ接面処理を上手にこなした工業製品の秀作である。
一筆描き的な芸術風流線形ものはうまく行けば当たるが失敗作も多く、総じて線や面の末端処理ができていない。だからココをもう少し、アソコを何とか……と未消化な部分が気になってしまう。

クロスロードのスカルプチュアル・フォルムは単純な面構成ではあるが、大自然の中にあっても都会の雑踏の中にあっても、カタログ写真にあるような奇妙な異次元空間にあってさえ、どこにでも融合してしまい無理がない。これぞ職人的デザイナーの仕事である。
だから老若男女を問わず誰でも素直に受け入れられるし、時が経っても新しさを失わない普遍性をもつ。ただし強烈な個性には乏しく、好き嫌いは個人の趣味に委ねられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クロスロードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダが北米向け新型「CR-V」を発表
    2016.10.14 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年10月13日(現地時間)、北米向け新型「CR-V」を発表した。発売は今冬を予定している。
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)【試乗記】 2011.12.15 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)
    ……310万円/325万円

    フルモデルチェンジを受け、4代目に生まれ変わった「CR-V」。2.4リッターモデルに加え、日本仕様のみに2リッターモデルが追加された。新型はどんな進化を遂げたのか。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る