第4回:クロスロード試乗会(3)

2007.03.05 エッセイ

第4回:クロスロード試乗会(3)

横浜にて

ひきつづき「ホンダ・クロスロード」プレス試乗会の報告。試乗会は、2007年3月1日に行われました。

1.8と2リッターあるうちの、コレは2リッター。「クロスロード20Xi」だから、最上級モデルです。ただ、SUVルックにもかかわらず、試乗車は再び4WDでなくFF……。

オッ!?

1.8より乗り心地いいですね
『NAVI』タケシタ副編に加え、菊池カメラマンと彼の機材を載せて、“搭載重量”が増したせいでしょうか?
小さく前後に揺れがちな“ピッチング傾向”は変わらないものの、さきほど試乗させてもらった「クロスロード1.8L Xパッケージ」より、やや穏やか。乗り心地良好です。あくまで相対的に、ですが。

17インチが標準である2リッターモデルと比較して、1.8リッターで17インチはオプションとなります。標準は16インチ。あとでエンジニアのかたにうかがったら、両者の足のセッティングは「もちろん変えてます」とのこと。
個体差か、スペックの違いか、はたまたテスト条件が異なるためか、スイマセン、ちょっとわかりません。

ちなみに、クロスロードは17インチ用に専用のタイヤを開発しています。センター部分が「ころがりに寄与」(プレスインフォメーション)ということですから、単純に考えると硬めで抵抗の少ない省燃費用コンパウンド。ショルダー部が「制動に寄与」(同)ですから、柔らかめで抵抗の大きめな素材、ということになりましょうか。
新開発専用タイヤの恩恵で、「ネンピで0.2km/リッター」「制動で-5%」性能が向上したとの説明を受けました。
ココ、「じゃあ、一般の市販タイヤに履き替えたら、燃費が悪化して、止まりにくくなるのか!?」と、しょうもない突っ込みを入れるトコですね!?
あまり特徴的なコンパウンドを採用したり、性格の違った素材を組み合わせたタイヤは、「ほんとに机上の性能が長続きするのか?」と、いちまつの不安がよぎります。何の根拠もないんですけど。

自動車メーカーは、厳しくなる一方の「燃費・環境性能の向上」と「パフォーマンス」のバランスを取るのに必死なのでしょう。
「ただ、そうした要件を過重にタイヤメーカーに押し付けるのはいかがなものか」と、『NAVI』2007年4月号で、清水和夫さんが批判していました。
クロスロード専用タイヤの、タイヤライフを通じての性能はどうなのでしょう? 興味あるところです。

(webCGアオキ)

「クロスロード1.8L Xパッケージ」。
「クロスロード1.8L Xパッケージ」。
クロスロード20Xi。車両価格は245万7000円。「HDDナビ(26万2500円)」と「スマートキーシステム」(8万4000円)のオプション装備付きで、280万3500円となる。
クロスロード20Xi。車両価格は245万7000円。「HDDナビ(26万2500円)」と「スマートキーシステム」(8万4000円)のオプション装備付きで、280万3500円となる。

白い部分が転がり抵抗の少ないゴム材。ショルダーのピンクの部分は、摩擦係数の大きいゴム材を採用した。写真は、「TOYO TRANPATH A20」。
白い部分が転がり抵抗の少ないゴム材。ショルダーのピンクの部分は、摩擦係数の大きいゴム材を採用した。写真は、「TOYO TRANPATH A20」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ