第25章:「アバルト再生の日近し---『ストップ、宝の持ち腐れ!』」

2007.03.03 エッセイ

第25章:「アバルト再生の日近し---『ストップ、宝の持ち腐れ!』」

カルロ・アバルト。自ら手がけた“サソリ”たちの前で。
第25章:「アバルト再生の日近し---『ストップ、宝の持ち腐れ!』」

遺産と一緒に住んでると

イタリアで生活していてわかるのは、この国には「宝の持ち腐れ」が多いことである。

その最たる例が遺跡と、そこから発掘される様々な出土品だ。有名なポンペイ遺跡の一部から、近郊のちょっとしたローマ円形劇場まで、結構修復されずに放置されている。

背景には、その数が世界屈指であることと、慢性的な修復予算不足という実情もある。

それにしても、「もっと劣化が進まないようにしておけばいいのに」と心配してしまうような歴史遺産がたくさんある。

出土品もしかり。たとえば、我が家から70km離れた町のお宝は、紀元前のエトルリア時代に造られたブロンズ製人体像である。ところが、百数十年前に見つけた地元の人は、それを暖炉の火を掻く棒として長年使っていたという。

イタリアでは20世紀初頭まで、民間レベルでは考古学にあまり関心が持たれなかったためである。
歴史的遺産と毎日一緒に住んでいる人々ならではである。

元祖ムルティプラを使用した宣伝カー。マフラーを前面に貼り付けてしまう大胆さよ。
第25章:「アバルト再生の日近し---『ストップ、宝の持ち腐れ!』」(大矢アキオ)

サソリにクモの巣

この国では、クルマの世界でも、「宝の持ち腐れ」が発生する。
その代表的な例がアバルトだ。

まずは歴史を振り返ってみよう。創始者カルロ・アバルトは1908年ウィーン生まれだが、1945年にイタリア国籍を取得。チシタリアでの短い職歴のあと、1949年に自らのワークショップを立ち上げる。そしてフィアット用をはじめとする様々な改造キットを造り始める。

やがて彼の手がけたスペシャルがレースやモータースポーツで目覚しい戦績を残したのは、イタリア車ファンならご存知のとおりである。

有名なサソリのマークは、もともとはカルロの誕生日の星座にちなんだものだ。ちなみに、ランボルギーニの牡牛も創始者フェルッチョの星座であることは奇遇である。

1971年になるとフィアットの傘下に入って、同社のレース部門を担当するようになる。同時にリトモや131といったフィアットやアウトビアンキの市販車にも、アバルトの名を冠すようになった。

たとえばアウトビアンキA112アバルトは、カルロが生前に自ら手がけた最後のアバルトである。

ただし90年代に入ると、「アバルト」のポジションはもはやハイチューニングというよりも、ちょっとしたスポーツアクセサリー装着車という意味合いが強くなっていった。

そして、アバルトの名を冠したレースは残ったものの、先代プントやセグメントCのスティーロの前期モデルにアバルト仕様が一時存在したのを最後に、市販車のアバルト仕様はカタログから消えてしまった。

メルセデスのAMG、BMWミニのクーパーと比肩するくらい、価値のあるスポーティなブランドであるのに、実にもったいないことをしていたわけだ。サソリにクモの巣が張ってしまったのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

イタリアコラムニスト。1966年東京生まれ。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒。 二玄社『SUPER CG』編集部員を経て、1996年独立と同時にイタリア在住。 著書に「イタリア式クルマ生活術」光人社刊 ほか著書多数。