【スペック】C2 1.4i VTR(2ペダル5MT):全長×全幅×全高=3666×1659×1461mm/ホイールベース=2315mm/車重=991kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC8バルブ(75ps/5400rpm、12.0kgm/3300rpm)

シトロエンC2【海外試乗記】

軽く短く元気よく 2003.11.27 試乗記 シトロエンC2 1.4iVTR(5MT)&1.6i16V(5MT) PSAグループのシトロエンとプジョーのブランド色が、コンパクトクラスで逆転する? 自動車ジャーナリストの森口将之が、シトロエンのニューモデル「C2」に乗って、考えた。
自動車ジャーナリストの森口将之氏

自動車ジャーナリストの森口将之氏
【スペック】
C2 1.6i 16V(2ペダル5MT):全長×全幅×全高=3666×1659×1461mm/ホイールベース=2315mm/車重=1055kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(110ps/5750rpm、15.0kgm/4000rpm)

【スペック】C2 1.6i 16V(2ペダル5MT):全長×全幅×全高=3666×1659×1461mm/ホイールベース=2315mm/車重=1055kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(110ps/5750rpm、15.0kgm/4000rpm)

シトロエンなのに

プジョーは“スポーティ”で、シトロエンは“コンフォータブル”。PSAの2つのブランドの個性をひとことで表すと、こうなるだろう。同じクラスに属するコンパクトカー、プジョー「206」とシトロエン「C3」を比べてみれば、一目瞭然だ。

ところが今回デビューした「C2」は、シトロエンなのにスポーティさを売りものにする。その証拠に、2003年のフランクフルトショーでは、WRCのサブカテゴリー「ジュニアWRC」仕様やワンメイクラリー仕様を展示。気勢をあげていた。
C2の前任者である「サクソ」は、ジュニアWRCで2年連続チャンピオンドライバーを生み出したマシンである。市販車のサクソVTSも、同じエンジンを積むプジョー「106S16」より過激な性格だった。スポーティなC2のデビューには、こうした伏線があった。

でも、C5やクサラなど、他のシトロエンを考えると、ブランド内の「ねじれ現象」に感じられなくもない。フランスはパリ郊外を舞台に開かれたC2の国際プレス試乗会は、いつものテストドライブとは、違う気持ちを抱いて出かけることになった。

昔ながらの独創性

会場となったホテルの中庭に並べられたC2のエクステリアデザインは、いかにも元気がいい。強く傾いたウィンドゥスクリーンやキックアップしたリアクォーターウィンドゥ、スパッと切り落とされたリアエンドは、C3とは似ても似つかない。サイズがC3より短くて低いことも効いている。
試乗したのは日本に導入される予定のスポーティグレードVTR。フロントバンパーとサイドシル、リアゲートにエアロパーツが追加され、グリルはブラックになり、太いスポークのアルミホイールが組み合わせられる。脇に“素”のC2も置かれていたが、「VTRのほうがこのクルマにふさわしい仕立てだ」と思った。

インテリアからも、スポーティというキーワードが感じられる。ダッシュボードはC3と同じだが、全体を黒ベースに変更。メーターパネルはカーボン調になった。フロントシートはサイドの張り出しが大きく、色は黒を基調にオレンジ、グリーン、ブルーなどをコーディネイト。しかも、シフトレバーとドアグリップには、シートと同系色のスケルトンパーツを採用した。こういう遊び心は、プジョーではなかなか得られないものである。

シャレた演出にあふれるC2。リアシートは2人がけとして、C3より幅は狭められた。一方、着座位置が後ろにオフセットしてあり、ひざの前の余裕は変わらない。
リアゲートは上下2分割で、狭い場所でも開け閉めできて便利。さらに、下側は開けたときにベンチになり、裏には収納スペースまで備わるのだ。このあたりには、昔からのシトロエンの持ち味である「独創性」が発揮されていた。

知らない道でも……

VTRに積まれるエンジンは、C3でもおなじみ、ガソリンの1.4&1.6リッター直4。日本には両方が輸入される予定だ。トランスミッションは、いずれもC3の1.6リッターモデルに採用された5段シーケンシャルタイプの「センソドライブ」だった。
車両重量はC3より100kg近く軽く、約1tにすぎない。しかもセンソドライブは、C3のそれより変速が早められたおかげで、1.4リッターでも加速に不満を覚えることはまったくない。1.6リッターは加速が力強くなるだけでなく、吹け上がりは滑らかで、サウンドは心地よいなど、さらに元気なキャラクターを見せてくれた。

フットワークは、C2の性格をさらにはっきり教えてくれた。電動パワーステアリングのレスポンスはそれほど鋭くないが、そのあとの車体の動きがクイックなのだ。ボディの短さ、軽さを実感させられる瞬間である。前輪のグリップはかなり高いし、サクソと違ってリアのグリップも安定している。C3で感じられた重心の高さもないおかげで、知らない道でも安心してペースアップができた。

2002年のパリサロンに出品された、プジョー「106」の後継と見られる「SESAME」(セザム)。全長×全幅×全高=3700×1670×1630mm、ホイールベースは2310mm。1.6リッターエンジンが搭載される、と発表された。



伝統は生きていた

その一方で、C2には昔ながらのシトロエンらしさもある。それは、乗り心地のよさだ。
1.4と1.6ではサスペンションの硬さが異なり、1.4のほうがまろやかではあるが、1.6でも不快感はない。ボディが小さいぶん、剛性がC3よりかなりアップしたことと、なによりもシートの座り心地がすばらしかったからだ。伝統は生きていた。

PSAではC2のリリース後、同じクラスにプジョーの新型車を送り出す予定になっている。おそらく「107」と呼ばれるそのクルマは、2002年のパリサロンに展示されたコンセプトカー「セザム」に近いというのが、もっぱらの評判だ。それが本当なら、C2よりも背が高く、スライド式のドアを持つ、都市での機動性を重視したコンパクトカーになるはずだ。

C2は現時点でも、フォルクスワーゲン「ルポ」やルノー「トゥインゴ」などのライバルより、スポーティなキャラクターが色濃く感じられる。その個性は、プジョーから兄弟車がデビューしたときに、さらに引き立つだろう。

(文=森口将之/写真=シトロエンジャポン/2003年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • パリモーターショー2016の会場から(その1) 2016.9.30 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。シトロエンは、新型「C3」を世界初公開したほか、2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」や注目のコンセプトカー「CXPERIENCE」などを公開した。同社のブースの様子を画像で紹介する。
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • 個性的デザインの「シトロエンC4カクタス」発売 2016.10.4 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年10月4日、シトロエンのクロスオーバーモデル「C4カクタス」を発売した。200台限定となる。個性的なデザインが特徴で、欧州では2015年にデビューし、ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞している。
  • シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)【試乗記】 2014.2.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。
ホームへ戻る