【スペック】C2 1.4i VTR(2ペダル5MT):全長×全幅×全高=3666×1659×1461mm/ホイールベース=2315mm/車重=991kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC8バルブ(75ps/5400rpm、12.0kgm/3300rpm)

シトロエンC2【海外試乗記】

軽く短く元気よく 2003.11.27 試乗記 シトロエンC2 1.4iVTR(5MT)&1.6i16V(5MT) PSAグループのシトロエンとプジョーのブランド色が、コンパクトクラスで逆転する? 自動車ジャーナリストの森口将之が、シトロエンのニューモデル「C2」に乗って、考えた。
自動車ジャーナリストの森口将之氏

自動車ジャーナリストの森口将之氏
【スペック】
C2 1.6i 16V(2ペダル5MT):全長×全幅×全高=3666×1659×1461mm/ホイールベース=2315mm/車重=1055kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(110ps/5750rpm、15.0kgm/4000rpm)

【スペック】C2 1.6i 16V(2ペダル5MT):全長×全幅×全高=3666×1659×1461mm/ホイールベース=2315mm/車重=1055kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(110ps/5750rpm、15.0kgm/4000rpm)

シトロエンなのに

プジョーは“スポーティ”で、シトロエンは“コンフォータブル”。PSAの2つのブランドの個性をひとことで表すと、こうなるだろう。同じクラスに属するコンパクトカー、プジョー「206」とシトロエン「C3」を比べてみれば、一目瞭然だ。

ところが今回デビューした「C2」は、シトロエンなのにスポーティさを売りものにする。その証拠に、2003年のフランクフルトショーでは、WRCのサブカテゴリー「ジュニアWRC」仕様やワンメイクラリー仕様を展示。気勢をあげていた。
C2の前任者である「サクソ」は、ジュニアWRCで2年連続チャンピオンドライバーを生み出したマシンである。市販車のサクソVTSも、同じエンジンを積むプジョー「106S16」より過激な性格だった。スポーティなC2のデビューには、こうした伏線があった。

でも、C5やクサラなど、他のシトロエンを考えると、ブランド内の「ねじれ現象」に感じられなくもない。フランスはパリ郊外を舞台に開かれたC2の国際プレス試乗会は、いつものテストドライブとは、違う気持ちを抱いて出かけることになった。

昔ながらの独創性

会場となったホテルの中庭に並べられたC2のエクステリアデザインは、いかにも元気がいい。強く傾いたウィンドゥスクリーンやキックアップしたリアクォーターウィンドゥ、スパッと切り落とされたリアエンドは、C3とは似ても似つかない。サイズがC3より短くて低いことも効いている。
試乗したのは日本に導入される予定のスポーティグレードVTR。フロントバンパーとサイドシル、リアゲートにエアロパーツが追加され、グリルはブラックになり、太いスポークのアルミホイールが組み合わせられる。脇に“素”のC2も置かれていたが、「VTRのほうがこのクルマにふさわしい仕立てだ」と思った。

インテリアからも、スポーティというキーワードが感じられる。ダッシュボードはC3と同じだが、全体を黒ベースに変更。メーターパネルはカーボン調になった。フロントシートはサイドの張り出しが大きく、色は黒を基調にオレンジ、グリーン、ブルーなどをコーディネイト。しかも、シフトレバーとドアグリップには、シートと同系色のスケルトンパーツを採用した。こういう遊び心は、プジョーではなかなか得られないものである。

シャレた演出にあふれるC2。リアシートは2人がけとして、C3より幅は狭められた。一方、着座位置が後ろにオフセットしてあり、ひざの前の余裕は変わらない。
リアゲートは上下2分割で、狭い場所でも開け閉めできて便利。さらに、下側は開けたときにベンチになり、裏には収納スペースまで備わるのだ。このあたりには、昔からのシトロエンの持ち味である「独創性」が発揮されていた。

知らない道でも……

VTRに積まれるエンジンは、C3でもおなじみ、ガソリンの1.4&1.6リッター直4。日本には両方が輸入される予定だ。トランスミッションは、いずれもC3の1.6リッターモデルに採用された5段シーケンシャルタイプの「センソドライブ」だった。
車両重量はC3より100kg近く軽く、約1tにすぎない。しかもセンソドライブは、C3のそれより変速が早められたおかげで、1.4リッターでも加速に不満を覚えることはまったくない。1.6リッターは加速が力強くなるだけでなく、吹け上がりは滑らかで、サウンドは心地よいなど、さらに元気なキャラクターを見せてくれた。

フットワークは、C2の性格をさらにはっきり教えてくれた。電動パワーステアリングのレスポンスはそれほど鋭くないが、そのあとの車体の動きがクイックなのだ。ボディの短さ、軽さを実感させられる瞬間である。前輪のグリップはかなり高いし、サクソと違ってリアのグリップも安定している。C3で感じられた重心の高さもないおかげで、知らない道でも安心してペースアップができた。

2002年のパリサロンに出品された、プジョー「106」の後継と見られる「SESAME」(セザム)。全長×全幅×全高=3700×1670×1630mm、ホイールベースは2310mm。1.6リッターエンジンが搭載される、と発表された。



伝統は生きていた

その一方で、C2には昔ながらのシトロエンらしさもある。それは、乗り心地のよさだ。
1.4と1.6ではサスペンションの硬さが異なり、1.4のほうがまろやかではあるが、1.6でも不快感はない。ボディが小さいぶん、剛性がC3よりかなりアップしたことと、なによりもシートの座り心地がすばらしかったからだ。伝統は生きていた。

PSAではC2のリリース後、同じクラスにプジョーの新型車を送り出す予定になっている。おそらく「107」と呼ばれるそのクルマは、2002年のパリサロンに展示されたコンセプトカー「セザム」に近いというのが、もっぱらの評判だ。それが本当なら、C2よりも背が高く、スライド式のドアを持つ、都市での機動性を重視したコンパクトカーになるはずだ。

C2は現時点でも、フォルクスワーゲン「ルポ」やルノー「トゥインゴ」などのライバルより、スポーティなキャラクターが色濃く感じられる。その個性は、プジョーから兄弟車がデビューしたときに、さらに引き立つだろう。

(文=森口将之/写真=シトロエンジャポン/2003年11月)

関連記事
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 「アルファ4C/4Cスパイダー」に創業107周年記念の特別仕様車 2017.4.25 自動車ニュース FCAジャパンは2017年4月25日、アルファ・ロメオの創業107周年を記念した特別仕様車「4C/4C Spider 107th Edition」を設定し、2017年5月1日から6月30日までの期間限定で注文を受け付けると発表した。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
ホームへ戻る