クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4233×1776×1651mm/ホイールベース=2578mm/車重=1382kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブインタークーラー付きターボ+スーパーチャージャー(140ps/5600rpm、22.4kgm/1500-4000rpm)(欧州仕様)

フォルクスワーゲン・クロスゴルフ TSI DSG(FF/2ペダル6MT)【海外試乗記】

意外とマジメ 2007.03.03 試乗記 フォルクスワーゲン・クロスゴルフ TSI DSG(FF/2ペダル6MT)


不肖小沢、ワケあって今年に入ってから前代未聞の“ドイツ半移住計画”を進めておりますっ! 月の半分をドイツに住み、クルマ仕事をしつつもヨーロッパの勉強をしようという実に壮大な計画!
そのドイツからの仕事第一弾として、まだ日本人ジャーナリストは誰も乗ってない(だろう)、「VWクロスゴルフ」試乗記を発表いたしますっ!

ニュースタイルを提案

「クロスゴルフ」ってのは、要するに昨2006年に日本に入ってきて注目を集めたクロスポロのゴルフ版。イメージ的には“アウトドアのゴルフ”で、最大のポイントはファッショナブルなこと。
ここ数年でフォルクスワーゲン内に新設された「インディビジュアル部」が企画したもので、見てくれは車高がちょっと上がったヘビーデューティな4WD風。しかし、中身は今まで通りFFで、その昔、クルマの屋根にサーフボードを積んでるだけで海には行かない“陸サーファー”ってのがいたが、クロスゴルフはさしずめ“陸ヨンク”なのである。

ただ、VWがスガスガしいのは“陸”であることを隠していないこと。見る人が見れば明らかにFFであり、無理して本格4WDっぽく繕ってない。つまりお客を騙そうというより、単純に「コッチのほうがカッコいいでしょ?」とニュースタイルを提案しているのだ。
実際にウケはよく、昨年売れた「クロスポロ」はドイツだけでも8万6000台。実にポロ全体の11%であり、現地スタッフによれば完全に「予想以上」だとか。
よってその成功体験を元にゴルフ版を作ろうというわけだが、小沢的には正直「まさかゴルフまで」という感じだった。

なぜならゴルフは昔から質実剛健を常とし、いくらゴルフプラスやトゥーランなどが登場して多様化が進んでいるとはいえ、相変わらずVWブランドイチの堅物。そこまで色物化するとは思ってなかったからだ。

そこにはまさに驚くべき価値観の変貌があり、実際トゥーランのクロス版、「クロストゥーラン」ももうすぐ登場する。ちなみにゴルフベースの本格4WD「Tiguan」もまもなくお披露目だそうで、そういう意味でもクロスゴルフは“陸”に徹しきれる。どこの世界もこの先五里霧中の何でもアリ時代。そのうちフェラーリのSUV!? が登場する日も近いのかもしれない。

注目の記事PR
  • 四駆の印象が変わった! トップクライマーが「ランドクルーザープラド」を高く評価した理由は?
    四駆の印象が変わった! トップクライマーが「ランドクルーザープラド」を高く評価した理由は? トヨタ・ランドクルーザープラド
注目の記事一覧へ

VWファミリーの血は争えない

とはいえ実際のクロスゴルフはポロほどくだけていない。まず、クロスポロがライムグリーンやオレンジなどのショッキング系をイメージカラーとしているのに対し、クロスゴルフはジミなシルバーやブラック系がイメージだから。ターゲットの年齢層もちょっと上なようで、結構落ち着いている。

極めつけはベースボディがゴルフではなく、ゴルフプラスであること。つまり、正確にはずんぐりむっくりした“クロスゴルフプラス”なのだ。よってそれほど見てくれ重視のファッショナブルカーとは思えないし、現地エンジニアによれば「実用重視のクルマ」とのこと。マジメなVWファミリーの血は争えないのだ。

しかしエクステリアは元祖ゴルフプラスとは違い、アルミ風の四角い馬の蹉跌みたいなアクセントを取り入れた樹脂ムキ出しのフロントバンパーや、これまたアルミ風のルーフレールやリアのアンダーガードがほどよくアクティブさを強調する。タイヤホイールもすべて専用の17インチで、車高もゴルフプラスより20mm高い。
インテリアはゴルフプラスゆずりで、リアシート前の折りたたみ机や天井に何個ものモノ入れが標準で付けられる。その上で、センターのナビゲーション周りや左右のエア吹き出し口がアルミパネル風になり、シートも専用の生地と形状になるなど、微妙に差別化されるのだ。

一方中身、パワートレインはヨーロッパだけにガソリン直4が2種類とディーゼルが2種類用意される。今回乗れたのは、おそらく日本にも導入されるだろう1.4TSI。最近、日本仕様の「ゴルフGT」にも搭載されて評判の、ターボとスーパーチャージャーを兼ね備えた高効率な小排気量ツインチャージャーエンジンだ。それが実用車ということで、140psにデチューン(GTは170ps)したものを搭載。ギアボックスはVW自慢のセミATであるDSGか、6MTが組み合わされる。今回試乗したのはDSGモデルだ。

マジメなVWファンに向いているかも

さて、乗ってみた感じはまさしくゴルフプラス! 乗り心地とハンドリングを両立した非常に乗用車的なもので、若干悪路向けに硬めのセッティングになっていたが、快適だったし、ロールも気にならなかった。

140psのTSIエンジンは、ゴルフ同様、アクセルを踏んだ瞬時に1.8リッターか2リッターエンジン並のトルクを発生する。わずか2000rpmから十分なパワーを発揮し、6500rpmぐらいまでスムーズに吹ける。若干、ゴゴーっと低周波のスーパーチャージャーの音がするが、ヨーロッパのディーゼルの音に慣れた身からすればまったく問題ないし、そうでなくても気にならないだろう。

ハンドリングは正直、特別スポーティとかシャープということはない。車高が高めなせいかやはり無難である。とはいえ滑らかなステアリングフィール、がっちりとしたブレーキ、レーザー溶接を多用したおかげで密封感の高いボディが、「コイツがVWゴルフだ」ということを常に確信させてくれる。

ってなわけで思ったより無難で実用的だった“新陸VW”のクロスゴルフ。もしや、マジメな日本のVWファンには、ファッション感覚際立つクロスポロよりも向いているかもしれない。
ちなみに今年中には日本に入ってくるらしいんで、ぼちぼち情報も入ってくるかもね!

(文=小沢コージ/写真=フォルクスワーゲンAG&キムラオフィス/2007年3月)

関連キーワード:
ゴルフプラスゴルフフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント試乗記

あなたにおすすめの記事