第3回:クロスロード試乗会(2)

2007.03.02 エッセイ

第3回:クロスロード試乗会(2)

大黒PAにて

昨日に引き続き、横浜で開かれた「ホンダ・クロスロード」プレス試乗会報告。メーカー推奨のテストコース通り、大黒パーキングエリアに来ております。

厳しい表情の『NAVI』タケシタ副編……。

最初のクロスロード試乗車は、2リッター、1.8リッターあるうちの後者にして、FFモデル。
「クロスロード1.8L Xパッケージ」。お値段199万5000円也。ですが、HDDナビ、ディスチャージヘッドライト、17インチアルミなどオプションが付いて254万6250円になっとります。

ちなみに、1.8は、4WDの「18X」とFFの「18L」から成っていて、ベーシックの「18L」に、ホイールキャップやリアワイパーなどの装備を奢ったのが「18L Xパッケージ」。

クッション厚めの柔らかいシートに座ると、オシリが気持ちいい。ホンダのプレスインフォメーションを繰ると、「めざしたテーマは『ピタフカシート』」。たしかにピタフカ。

視線は高い。

ステアリングホイールは、上下と遠近を調整できる。好みの運転姿勢を取って走りはじめると……、

うーむ。

ヒョコヒョコしますな。
路面の凹凸ごとにグイッ、グイッと上下に体が揺すられる感じ。

ハンドルは軽い。ステアリングを切れば、切るたびにキュッ、キュッと鼻先が機敏に向きを変える。

これだけで言い切るのは大胆ですが、全体に「最近のホンダ車っぽい」と言えば、言える。

でもね、SUVというかクロスオーバーな姿のクロスロード。外観に合致した高い着座位置と、ホンダいうところの“キビキビした走り”の組み合わせが、なんか妙なんだな。

リポーターの感覚が古いんでしょうか!?


第3回:クロスロード試乗会(2)の画像
ドアミラーの下に、車体側面下を確認するためのプリズムアンダーミラーを採用。左前輪付近が映ってます。
ドアミラーの下に、車体側面下を確認するためのプリズムアンダーミラーを採用。左前輪付近が映ってます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ