「R8」は今年の目玉、秋頃日本へ(アウディ)【JAIA07】

2007.03.02 自動車ニュース

【JAIA07】「R8」は今年の目玉、秋頃日本へ(アウディ)

2007年2月6日から3日間、神奈川県は大磯で、JAIA(日本自動車輸入組合)が主催する恒例の輸入車試乗会が開催された。
『webCG』では各輸入車メーカーの広報部にアンケートを実施、今年の見通しなどを聞いた。

−−2007年投入予定の新型車はなんですか?

アウディ初となる大型SUV「Q7」に、V6 3.6リッターFSIエンジン搭載モデルが春頃に追加されます。さらに2006年10月に導入した新型「TTクーペ」に続き、2リッターTFSIエンジンを搭載する「TTロードスター」を夏頃導入する予定です。
みなさんお待ちかねのミドシップスポーツカー「R8」は、秋頃のリリースを予定しています。

−−今、イチオシの車種は?

コンセプトモデルがそのまま実車になったような、魅力的かつ大胆なスタイリングのR8は是非実際にご覧になっていただきたいクルマです。が、ちょっとこちらは購入するとなると……。
ということで、昨年の発売以来ご好評いただいているTTクーペがオススメです。

−−ところで、ドイツ本国からの出張者が喜ぶお店を教えてください。

肉好きなドイツ人からは「神戸ビーフ」がおいしいレストランへ行きたいというリクエストがあります。また、食に関してあまりコンサバティブでない人には、寿司や天ぷらが人気です。

−−webCG読者に一言お願いします。

webCG読者のみなさんには、アウディのブランドイメージ「プログレッシブ(先進性)、スポーティ、ソフィスティケイテッド(洗練性)」をご存じのかたも少なくないかもしれません。しかし日本市場全体を見ると、まだまだその認知度は低いように思われます。

アウディは、ドイツプレミアム御三家の一ブランドとして、ドイツ本国およびヨーロッパ市場では、その先進性が高く評価され、世界的にも好評です。
webCG読者のみなさんには友人の方々にアウディの良さを伝える「アンバサダー=親善大使」になっていただききたいと考えております。

【やっぱり、TT!】

アウディ・ジャパンの小島誠さんが今年のフォーリングスをアピール!

 
「R8」は今年の目玉、秋頃日本へ(アウディ)【JAIA07】の画像
「アウディQ7 4.2 FSIクワトロ」
「アウディQ7 4.2 FSIクワトロ」
「アウディTTクーペ 3.2クワトロ」
「アウディTTクーペ 3.2クワトロ」
「アウディR8」
「アウディR8」
 
「R8」は今年の目玉、秋頃日本へ(アウディ)【JAIA07】の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】NEW 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】NEW 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
ホームへ戻る