「VWゴルフヴァリアント」、ジュネーブで発表【ジュネーブショー07】

2007.03.01 自動車ニュース

【ジュネーブショー07】「VWゴルフヴァリアント」、ジュネーブで発表

独フォルクスワーゲンAGは、2007年3月6日から開催されるジュネーブモーターショーで、「ゴルフ」のバリエーションモデル「ヴァリアント」を発表する。

ゴルフのワゴンバージョンとなる「ゴルフヴァリアント」が、ジュネーブショーでワールドプレミアとなる。

クローム仕上げのフロントグリルは、他のモデルにも通じるVWのデザインアイデンティティ。リアスタイルでは、フェンダーと一体型のテールランプが特徴である。新たな装備として、長さ1360mmにもなるパノラマサンルーフが採用された。

ハッチバックモデルよりおよそ330mm長くなったボディは全長4560mmで、セダン「ジェッタ」とほぼ同じ長さ。ラゲッジスペースは、5人乗車時で745リッター、最大で1550リッターという。

エンジンはディーゼル2種、ガソリン2種の計4ユニットとなり、最高出力140psを発生させるツインチャージャーエンジン「TSI」ももちろんラインナップされる。

(webCG 本諏訪)

 
「VWゴルフヴァリアント」、ジュネーブで発表【ジュネーブショー07】の画像
 
「VWゴルフヴァリアント」、ジュネーブで発表【ジュネーブショー07】の画像
 
「VWゴルフヴァリアント」、ジュネーブで発表【ジュネーブショー07】の画像

関連キーワード:
ゴルフヴァリアントフォルクスワーゲンジュネーブモーターショー2007イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.22 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」が登場。「ゴルフGTI」ゆずりのエンジンとパワートレイン、そしてRラインならではのシャシー制御システムが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る