第2回:クロスロード試乗会

2007.03.01 エッセイ

第2回:クロスロード試乗会

横浜にて

「ホンダ・クロスロード」のプレス試乗会が横浜で開かれました。

はい、クロスロードですね。ノーズの隅の、カドが落とされてます。狭い道での取り回しを考えた、とか。
見通しの悪い生活道路で、「ギリギリ通れるか!?」と思った瞬間にガリッ!!とバンパーを擦ってしまった! もしくは「擦ったらイヤだなぁ」とヒヤヒヤした経験をおもちの方なら、そのありがたさがわかるはず。リポーターは、よくわかります。

世の中のクルマがドンドン大きくなるなか、全長4285mm、全幅1755mmのニューモデルはコンパクトと言って……というほどは小さくありませんね。幅、1700mmを超えてます。
クロスロードの大きさは初代「CR-V」とほぼ同じ。開発陣も「初代CR-Vは意識しました」と言ってました。
本家(?)CR-Vのほうは、“ドル箱”アメリカでドンドン売らなきゃいけないので、2代目から大きくなって、「日本で使うにはなぁ……」のサイズに成長してます。
なんやかんや言って、“5ナンバーサイズ”って、日本で使うにはいい大きさなんですね、インフラ面からいっても。クロスロード、ちょっと超えてますけど。

クロスロードは、ミニバン「ストリーム」の車台をすこしばかり縮めて、クロカンというかSUV風ボディをカパッと載せたクルマ。
……もちろん、クルマを開発するのは、そんなに簡単じゃありませんが。

カットモデルをご覧ください。ホンダ得意のうすーい燃料タンクのおかげで、「小柄な人なら無理なく座れる」と謳われる3列目シートを設けることができました。燃料タンク、セカンドシートの下に置かれてます。

セカンドシートは前後にスライドできるほか、背もたれ肩のレバーを倒せば、背もたれが倒れつつシート全体が前に動く。3列目に乗り込むときに便利です。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ