神保町ジョギングクラブ

2007.03.01 エッセイ

神保町ジョギングクラブ

皇居周回コース(その1)

『NAVI』編集部では、最近ジョギングがはやってる。
そこで新入りのボクも負けじと、皇居の周りを走っている。
さすが都内のジョギングのメッカと呼ばれる(?)だけあって、ジョギングコースとしてあらゆる条件が申し分ないのである。

まず、これだけクルマに溢れたエリアだというのに、クルマをまったく気にせず、走りに没頭できる。
内側が皇居なので、クルマと交差する部分が事実上一箇所もないからだ。 これはデカい。

次に、これほど風景の移り変わりが楽しめるコースも都内にはないだろう。なにより走ってて楽しいし、励みになる。
東京の町って、「あのビルの隣を曲がって」とか「あのマンションの横を入って」とか、建造物で認識することが多いじゃないですか。
市ヶ谷、四ツ谷、千駄ヶ谷、渋谷……という地名が示すとおり、実はけっこう起伏に富んでいるのにね。

皇居の周りも西側は地形が豊か。ボクは竹橋をスタートラインにして反時計周りに回っているけど、半蔵門あたりから桜田門方向を眺めたときのスペクタクルな風景といったら……。胸がすく思いだ。

皇居一周は約5km。
写真を撮りながら、のんびり走ってだいたい30分。平均10km/hってところです。
ということは、フルマラソンなら4時間ぐらい、かな。

(文=葉山薫/2007年3月)

皇居周回コースの西側はわりとアップダウンに富んでいる。それに対して東側は平坦。走りやすいけれどクルマの排ガスだけは×。これは二重橋あたり。
皇居周回コースの西側はわりとアップダウンに富んでいる。それに対して東側は平坦。走りやすいけれどクルマの排ガスだけは×。これは二重橋あたり。
半蔵門から三宅坂方向を望む。コースはお堀に沿ってゆっくりと回り込み、標高を下げていく。一気に加速したい気分になるが、後半のペースを乱すのでガマンする。
半蔵門から三宅坂方向を望む。コースはお堀に沿ってゆっくりと回り込み、標高を下げていく。一気に加速したい気分になるが、後半のペースを乱すのでガマンする。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

『NAVI』編集部

『NAVI』編集部

毎月26日発売のカーライフマガジン『NAVI』。日夜取材に追われる編集部員は、加藤編集長はじめツワモノぞろい。どこがツワモノかって?……このコーナーを読めばわかります。