【スペック】全長×全幅×全高=4920×1845×1790mm/ホイールベース=2900mm/車重=1940kg/駆動方式=FF/3.5リッターV6SOHC24バルブ(300ps/6200rpm、36.0kgm/5000rpm)/価格=395万8500円(テスト車=463万500円)

ホンダ・エリシオン・プレステージ SG HDDナビパッケージ(FF/5AT)【試乗記】

特等席は、運転席 2007.03.01 試乗記 ホンダ・エリシオン・プレステージ SG HDDナビパッケージ(FF/5AT)
……463万500円

成熟期に入ったといわれる大型ミニバン市場で、ホンダが新たに投入したのは、「300psのエリシオン」。
存在感と所有感を高めたという新型に試乗した。

水平方向に広がる

ホンダの最上級ミニバン「エリシオン」。デビューから2年半がたち、従来の2.4リッター直4と3リッターV6の二本立てに、さらに大きな3.5リッターV6エンジンを積む「エリシオン・プレステージ」が追加された。

“プレステージ”なぶん、弟の「エリシオン」とは見た目が異なる。

切れ長だった眼は大きく見開かれ、グリルも大型化。押し出し感を増したフロントまわりは、「大型ミニバン(というのもミョーな言葉だが)」に堂々とした外観を望める声にこたえたものだという。
でも、どこかでお会いしたような……と、いちばん売れっ子のライバル「トヨタ・アルファード」の顔が思い浮かぶ。
「(プレステージは)水平方向に広がるデザイン。縦の高さを強調する他社ライバルとは、存在感を出すにも正反対のアプローチなんです」と、デザイン担当の西端三郎さん。そう聞くと、あれこれ勘ぐりたくなる第一印象はチョッとソンな気がする。

リアビューも、変わった。
テールゲートには、極太のガーニッシュが横一文字。バンパーの下には4本出しマフラーが光る。好き嫌いは分かれそうだが、フロントよりも印象的なのはたしかだ。
タイヤは16〜17インチの標準から、225/50Rの18インチへと大径化。ボディサイズでいえば、全高はそのままにノーマルの「エリシオン」より80mm長く、15mm広くなった。

「エリシオン」をベースに、ドアパネル以外のほとんどをリデザインしたというエクステリア。ドアもハンドルまわりの意匠が異なる。
「エリシオン」をベースに、ドアパネル以外のほとんどをリデザインしたというエクステリア。ドアもハンドルまわりの意匠が異なる。
【テスト車のオプション装備】
コンフォートビューパッケージ+リアオートエアコン=6万3000円/Hondaスマートキーシステム=8万4000円/本革シート+前席シートヒーター=24万1500円/運転席8ウェイパワーシート=5万2500円/リアエンターテイメント=23万1000円
【テスト車のオプション装備】
コンフォートビューパッケージ+リアオートエアコン=6万3000円/Hondaスマートキーシステム=8万4000円/本革シート+前席シートヒーター=24万1500円/運転席8ウェイパワーシート=5万2500円/リアエンターテイメント=23万1000円

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.7 試乗記 上にも横にも開くテールゲートからエンジンまで、いろいろなところが新しくなった、ホンダのミニバン「ステップワゴン スパーダ」。実際に乗ってみたら……? その使い勝手や走り、燃費などを報告する。
  • ホンダ・ステップワゴンG・EX(FF/CVT)【試乗記】 2015.7.8 試乗記 最新型の「ステップワゴン」に試乗。5代目となったホンダの“5ナンバーミニバン”は、どんな仕上がりを見せるのか? 実際の使い勝手や走りの質を、装備充実のグレードでチェックした。
  • ホンダ・ステップワゴン【開発者インタビュー】 2015.5.29 試乗記 ホンダ技術研究所 執行役員 四輪R&Dセンター 車体・安全戦略担当 袴田 仁(はかまだ ひとし)さん ファミリーユーザーに喜ばれるアイデアの源とは? 新型「ホンダ・ステップワゴン」の開発者に、開発の経緯と、そこに込められた思いを聞いた。
  • ホンダ・ステップワゴン(後編) 2015.4.23 画像・写真 新型「ホンダ・ステップワゴン スパーダ」の詳しい姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る