クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4920×1845×1790mm/ホイールベース=2900mm/車重=1940kg/駆動方式=FF/3.5リッターV6SOHC24バルブ(300ps/6200rpm、36.0kgm/5000rpm)/価格=395万8500円(テスト車=463万500円)

ホンダ・エリシオン・プレステージ SG HDDナビパッケージ(FF/5AT)【試乗記】

特等席は、運転席 2007.03.01 試乗記 ホンダ・エリシオン・プレステージ SG HDDナビパッケージ(FF/5AT)
……463万500円

成熟期に入ったといわれる大型ミニバン市場で、ホンダが新たに投入したのは、「300psのエリシオン」。
存在感と所有感を高めたという新型に試乗した。

水平方向に広がる

ホンダの最上級ミニバン「エリシオン」。デビューから2年半がたち、従来の2.4リッター直4と3リッターV6の二本立てに、さらに大きな3.5リッターV6エンジンを積む「エリシオン・プレステージ」が追加された。

“プレステージ”なぶん、弟の「エリシオン」とは見た目が異なる。

切れ長だった眼は大きく見開かれ、グリルも大型化。押し出し感を増したフロントまわりは、「大型ミニバン(というのもミョーな言葉だが)」に堂々とした外観を望める声にこたえたものだという。
でも、どこかでお会いしたような……と、いちばん売れっ子のライバル「トヨタ・アルファード」の顔が思い浮かぶ。
「(プレステージは)水平方向に広がるデザイン。縦の高さを強調する他社ライバルとは、存在感を出すにも正反対のアプローチなんです」と、デザイン担当の西端三郎さん。そう聞くと、あれこれ勘ぐりたくなる第一印象はチョッとソンな気がする。

リアビューも、変わった。
テールゲートには、極太のガーニッシュが横一文字。バンパーの下には4本出しマフラーが光る。好き嫌いは分かれそうだが、フロントよりも印象的なのはたしかだ。
タイヤは16〜17インチの標準から、225/50Rの18インチへと大径化。ボディサイズでいえば、全高はそのままにノーマルの「エリシオン」より80mm長く、15mm広くなった。

「エリシオン」をベースに、ドアパネル以外のほとんどをリデザインしたというエクステリア。ドアもハンドルまわりの意匠が異なる。
「エリシオン」をベースに、ドアパネル以外のほとんどをリデザインしたというエクステリア。ドアもハンドルまわりの意匠が異なる。 拡大
【テスト車のオプション装備】
コンフォートビューパッケージ+リアオートエアコン=6万3000円/Hondaスマートキーシステム=8万4000円/本革シート+前席シートヒーター=24万1500円/運転席8ウェイパワーシート=5万2500円/リアエンターテイメント=23万1000円
【テスト車のオプション装備】
コンフォートビューパッケージ+リアオートエアコン=6万3000円/Hondaスマートキーシステム=8万4000円/本革シート+前席シートヒーター=24万1500円/運転席8ウェイパワーシート=5万2500円/リアエンターテイメント=23万1000円 拡大
注目の記事PR
  • ドライブの汚れも一網打尽。“美人すぎるタクシードライバー”がダイソンの吸引力をリポート。
    ドライブの汚れも一網打尽。“美人すぎるタクシードライバー”がダイソンの吸引力をリポート。 ダイソン
注目の記事一覧へ

まず300psありき

「ただ威圧するのではなく、内なるパフォーマンスが感じられるデザインを目指した」と紹介される、エリシオンのアニキ分。エンジンが一番のジマンである。
3.5リッターの排気量に、今度は「日産エルグランド」への対抗意識が感じられるが、「計画段階から“まず300psありき”でした」とは開発責任者の高野喜彦さん。オーナーの所有感を満たすためにも、馬力の大台超えにこだわったという。
最高出力300ps/6200rpmと最大トルク36.0kgm/5000rpm。ちなみに、エルグランドは240ps/6000rpmと36.0kgm/3200rpmだ。高級セダン「レジェンド」の心臓を譲り受けるも、排気管まで“ポン付け”とはいかないから、パフォーマンスと消音の両立にはたいへん苦労したらしい。
それは、車体中央にプロペラシャフトを置く4WDモデルが、エグゾーストパイプの取りまわしを自由にできず279ps止まりになってしまったことからも伺える。それでもスゴい数字だが、「作り手のこだわりを実現できたFFモデルのほうがオススメですね。」

試乗車は、FF。深めにアクセルを踏み込むと、大台超えのエンジンは野性味ある音をあげてレッドゾーンまでフケ上がる。車重のほうも大台の2トンに迫るから“暴力的なドラマ”というほどではないが、発進加速や追い越しで不足を感じることはない。
足まわりは、4輪ダブルウィッシュボーン。エリシオン固有の構造はそのままに、プレステージ専用のセッティングが施された。ミニバンにありがちな腰高感など皆無である。こんなドライバーズカーなら、せめて演出でシーケンシャルシフトをくれてもいいのに、などと欲が出る。

300psの3.5リッターV6エンジン。目下、ミニバン最強のスペックである。
300psの3.5リッターV6エンジン。目下、ミニバン最強のスペックである。 拡大
スピーカーを使って車内の“こもり音”を打ち消す「アクティブノイズコントロール」を備える。加速時のエンジン音は負けじと(?)盛大。
スピーカーを使って車内の“こもり音”を打ち消す「アクティブノイズコントロール」を備える。加速時のエンジン音は負けじと(?)盛大。 拡大

新入りのキャプテンは……

前席にはセンターコンソールボックスが新設された。「セダンのような囲まれ感を演出した」というけれど、インパネともども低くなだらかな形状だから、運転席まわりはとても開放的だ。

これまでは横3人がけのベンチタイプだけだったから、インテリア最大の目玉は、2列目の「キャプテンシート」。こちらも新設アイテムとなる。
ただし、スライド量はごく普通、のばした足をのせる流行りのオットマン機能は設定されない。アトダシにしては、ずいぶん“謙虚なキャプテン”である。

キャプテン化によるユーティリティへの悪影響は無視できない。
6:4に分割する3人がけの3列目シートで、フルスライドできるのは、2列目キャプテンシートとレールを共有する左側のみ。大きな右側は、独立した2列目のおかげでレールが中断、一番前に出しても左側より50センチほど後ろに留まってしまう。L字型の荷室は、ミニバンとしてはいかがなものか。

そのへんはホンダもわかっているのか、この「SG」グレードのみ、じつは2列目にベンチシートを選ぶことができる。
そもそもエリシオンプレステージは、「家族が増えたためにミニバンへの乗り換えを迫られる“セダン派”」が重要なターゲット。「広くて、積めて、7人乗れるセダン」だと思えば、それらたいていの欠点はゆるせてしまうというものだ。
なにせサンビャクバリキ。威風堂々。細かい文句は、似合わない。 

(文=webCG 関顕也/写真=高橋信宏/2007年2月)

一部グレードで、センターコンソールのかわりに、エリシオンと同じ「ウォークスルー&折りたたみテーブル」が選べる。
一部グレードで、センターコンソールのかわりに、エリシオンと同じ「ウォークスルー&折りたたみテーブル」が選べる。 拡大
従来のベンチシートに代えて、キャプテンシートを設定。ウォークスルーのおかげで、3列目の疎外感が和らげられるという。
従来のベンチシートに代えて、キャプテンシートを設定。ウォークスルーのおかげで、3列目の疎外感が和らげられるという。 拡大
3列目シートをチップアップ&フルスライドしたところ。右側のレールが短いため、左右のスライド幅に差ができる。
3列目シートをチップアップ&フルスライドしたところ。右側のレールが短いため、左右のスライド幅に差ができる。 拡大

関連キーワード:
エリシオンホンダ試乗記

あなたにおすすめの記事