第1回:マセラティからオートマチック

2007.02.28 エッセイ

第1回:マセラティからオートマチック

明治神宮にて

好むと好まざるにかかわらず、『webCG』コンテンツエディターに本格(!?)復帰したアオキこと青木禎之でございます。

『webCG』読者の皆さま、コンニチハ。

さて、2007年2月28日、明治神宮に行って参りました。
「マセラティ・クアトロポルテ・オートマチック」の発表会が開かれたからです。

「マセラティ・クアトロポルテかクワトロポルテか?」
はたまた
「アウディ・クワトロかクアトロか?」

……と、編集者を悩ます2大モデルでありますが(正解はどちらも前者)、それはともかく、“通”の間では「QP」と略されるクワトロポルテ、じゃなかったクアトロポルテ。これまで2ペダル式MT「デュオセレクト」しかなかった4ドアサルーンに、“普通のオートマ”、トルコン式ATモデルが加わりました。

気になるお値段は……

・クアトロポルテ・オートマチック……1414万円
・同エグゼクティブGT……1582万円
・同スポーツGT……1540万円

従来のデュオセレクトモデルと、同じグレード構成、同じ価格。実はデュオセレクトモデル、ちょぴり値上げしております。全体的に。

せっかくなので、グレードを復習してみましょう。

「エグゼクティブGT」は、その名の通りラグジュアリー志向のクアトロポルテ。リアのサイドウィンドウにブラインドが付いたり、後席のエアコンが充実したり、リアシートのマッサージ機能が装備されたりする。主に後席に座る方のために用意されました。

一方「スポーツGT」は、自らステアリングホイールを握ってガンガン走りたいリッチパースン向け。チタンカラーのブレーキキャリパーやドリルド・ブレーキディスク、タイヤプレッシャー・モニタリングシステムなどが奢られ、足まわりのチューンもスペシャルです。ホイールは20インチ、内装はカーボンインテリアとスポーティさが強調されます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ