第10回:ガンバレ、アメ車たち!(前編)〜アメ車が売れない現実

2007.02.28 エッセイ

第10回:ガンバレ、アメ車たち!(前編)〜アメ車が売れない現実

最近の北米内自動車ショーは徐々にだが、派手さが減り地味系な展示が多くなった。米経済、今後 の進展が気にかかる。
第10回:ガンバレ、アメ車たち!(前編)〜アメ車が売れない現実

■日本車好調、アメ車伸び悩み

2007年に入り、私だけではなく、世界中の自動車関係者たちがこう言い出した。「アメ車に明日はあるのか?」。アメ車たちはいま、彼らの社史上で最大のターニングポイントに差しかかっている。

私は2007年1月上旬にデトロイトショー(北米国際自動車ショー)、そして2月上旬にシカゴ国際オートショーの現地にいた。日米欧のメーカー関係者やメディア関係者と直接会って、アメ車の実情、そして未来像について、感じたままを語りあった。結論を言うと「このままでは、アメ車に未来はない」。「アメ車は根本的に大きく変わらなければならない」。それが私を含めて多くの人の意見だった。

2007年1月、米国内自動車販売台数データで、日本車シェアは史上最高の37.5%に達した。これに押され、アメ車シェアは史上最低水準に落ち込んだ。
アメリカでは通常、どのメーカーでも3月(半期末商戦)、8月(年次モデル発売前の在庫処分&年次新車効果)、12月(クリスマス&年末商戦)に販売台数が伸びる。対する1月は年間を通じて、クルマが売れない月といわれる。つまり1月は、売れるクルマと売れないクルマの差が大きく出る月。すなわち、純粋な人気を見る限り、アメ車は落ち込んできているといえるだろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

桃田 健史

桃田 健史

東京生まれ横浜育ち米テキサス州在住。 大学の専攻は機械工学。インディ500 、NASCAR 、 パイクスピークなどのアメリカンレースにドライバーとしての参戦経験を持つ。 現在、日本テレビのIRL番組ピットリポーター、 NASCAR番組解説などを務める。スポーツ新聞、自動車雑誌にも寄稿中。