【スペック】全長×全幅×全高=4285×1755×1670mm/ホイールベース=2700mm/車重=1520kg/駆動方式=4WD/2リッター直4SOHC16バルブ(150ps/6200rpm、19.4kgm/4200rpm)/価格=291万9000円(20Xi)

ホンダ・クロスロード【試乗速報】

日本のための日本のクルマ 2007.02.28 試乗記 ホンダ・クロスロード

2007年2月22日、ホンダの新型「クロスロード」がデビューした。3列シートに7人乗りの現代的コンパクトSUVに河村康彦が北海道で試乗。雪上会場からの報告。

ホンダ・クロスロード20Xi(4WD/5AT)【試乗速報】

久びさの好印象

ホンダがリリースしたブランニューモデル「クロスロード」に、このところの日本車からは久しく得られなかった好印象を覚えた。そう感じた主要因は何か? それはこのモデルが“日本のために作られた久々の日本車”であるという事実だ。

こんなことを言えば、「そんなハズはない。日本のための日本車なんて、今でも山ほどあるではないか!」と総スカンを食ってしまいそうだ。が、ここで今一度振り返ってもらいたい。そんなタイトルに合致するモデルというのが、実はいまや軽自動車やミニバンばかりであることに気付くはずだ。

たしかに今の日本での売れセンは、こうしたカテゴリーのクルマたちだ。が、その一方で、ひとたびそうしたライン上から外れたクルマというのは、いつしか「海外市場での販売をメインに開発されたものが、まるでその片手間のように日本でも発売されている」という状況に陥ってしまっている。

もう今から20年近くも前の“バブル”と言われたあの頃の、何でもかんでも日本向けに特化させたモデルが次々と現れた状況も異常だったが、軽自動車やミニバン以外には「日本のための日本のクルマ」が存在しないという今の状況も尋常ではない。

いや、最新の「トヨタ・カローラ」は、海外市場とは決別した日本専用のモデル。という反論もあるだろう。でも、明らかに”団塊の世代”(だけ)をターゲットとした超保守的で何の新しい提案も感じられないああしたクルマづくりに、若いあなたは魅力を感じられるだろうか?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クロスロードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダが北米向け新型「CR-V」を発表
    2016.10.14 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年10月13日(現地時間)、北米向け新型「CR-V」を発表した。発売は今冬を予定している。
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)【試乗記】 2011.12.15 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)
    ……310万円/325万円

    フルモデルチェンジを受け、4代目に生まれ変わった「CR-V」。2.4リッターモデルに加え、日本仕様のみに2リッターモデルが追加された。新型はどんな進化を遂げたのか。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る