「プジョー207」の「RC」「CC」「SW」を発表【ジュネーブショー07】

2007.02.27 自動車ニュース

【ジュネーブショー07】「プジョー207」の「RC」「CC」「SW」を発表

仏プジョーは、2007年3月6日から開催されるジュネーブモーターショーで、すでに欧州で発売中のコンパクトカー「207」のバリエーションモデルを発表する。

大ヒットを記録した、クーペカブリオレの火付け役でもある「206CC」の後継となるのが「207CC」。電動ハードトップはフルオートで開閉し、クーペとカブリオレの両スタイルに変身する。

ホットモデル「RC」も207に登場。206RCでは2リッターNAエンジンを搭載していたが、今回はBMWと共同開発した1.6リッターターボエンジン(175ps)を採用した。これは「MINIクーパーS」のユニットと同型のものとなる。

207CC、207RCともに彼の地では近日中に発売される予定だという。

コンセプトカーとして登場するのは、ステーションワゴンの「207SW Outdoorコンセプトカー」。「レジャーとビジネス両方に使える万能性を求めた」と謳われる。

(webCG 本諏訪)


「プジョー207CC」
「プジョー207」のバリエーションRC、CC、SWを発表【ジュネーブショー07】

「プジョー207RC」
「プジョー207」のバリエーションRC、CC、SWを発表【ジュネーブショー07】

「プジョー207SW Outdoorコンセプトカー」
「プジョー207」のバリエーションRC、CC、SWを発表【ジュネーブショー07】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。