クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4340×1800×1305mm/ホイールベース=2415mm/車重=1360kg/駆動方式=MR/2.7リッター水平対向6DOHC24バルブ(245ps/6500rpm、27.8kgm/4600-6000rpm)/価格=633.0万円(テスト車=777.0万円)

ポルシェ・ケイマン(MR/6MT)【短評(前編)】

点と線(前編) 2007.02.24 試乗記 ポルシェ・ケイマン(MR/6MT)
……777.0万円

「フラット6」「ミドシップ」「クローズドボディ」を特徴に、ポルシェファミリーの一翼をになう「ケイマン」シリーズ。
より小さな排気量で登場した、最新モデルの魅力を探る。
(写真=ポルシェ・ジャパン)
ポルシェ・ケイマン(MR/6MT)【短評】

「ポルシェ=911」なのか?

フラット6エンジンをミドシップマウントしたオープン2シーター、「ポルシェ・ボクスター」。そのクーペバージョンとあらば、多くのポルシェ好きの興味をひくのは当然だ。
「ケイマン」はそういう成り立ちで生まれ、まず高性能版の「S」から送り出された。一般的にクーペはオープンより安価なのに、ケイマンSはボクスターSより高かった。それを正当化するために、スポーツマインドをアピールする作戦に出たようだ。
Sを先に出したのはそのためだろうし、3.4リッターという排気量は当時のボクスターSの3.2リッターを上回り、「911」の3.6リッターとの中間だった。

ケイマンSは911より100kgほど軽い。おまけにリアエンジン2+2の911に対しミドシップ2シーターで重量バランスが上。となるとどうしても、911と比べたくなる。一部の記事は、その点に話題を向けていた。結果はそろいもそろって、911の勝ちだった。「911のほうがポルシェらしい」という理由がほとんどだった。
これじゃポルシェがかわいそうだ、と思った。911基準で評価を下されている感じだからだ。
ポルシェがクルマ造りを始めて来年で60年。911はその3分の2以上にあたる43年を生きてきた。ポルシェ=911となるのも無理はない。でもこれでは、ポルシェがどんなにいいクルマを出しても、正当にジャッジされないような気がした。

いや実際に、そういうことはあった。たとえば「924」「944」「968」といった水冷直列4気筒フロントエンジンのモデルたち。10年以上作られた車種もあったが、成功を収めたとはいえない。後継車が育たなかったことが、それを証明している。
その原因の一端が、ニューモデルが出るとかならず911との比較を行い、「やっぱり911はいい」という結論を出してきたわれわれ自動車ジャーナリズムにもあるのではないかと、自戒を込めて振り返るのである。

注目の記事PR
注目の記事一覧へ

ベーシック・イズ・ベター

3.4リッターのケイマンSと比較して、こちらは2.7リッターを積む。
そもそも911は、これ以上のキャパシティアップがむずかしい状況にきている。フラット6を4リッター以上にしたり、シリンダー数を8つに増やしたりすることは考えにくい。だからこそ、ポルシェとしては少しでも911の負担を軽くし、それ以外のファミリーに育ってほしいと願っているはず。その意味でも今回乗ったベーシックなケイマンは、大事なモデルといえる。

取材したケイマンは、オプションの6段MT(本来は5段)とPASM(可変ショックアブソーバー)からなるスポーツパッケージ、19インチ(標準は17インチ)ホイール、レザースポーツシート、ショートシフター、スポーツクロノパッケージなどがついて、オプションだけで144万円におよぶ。
最後のスポーツクロノパッケージとは、スロットルやレブリミット、ダンピング、ティプトロニックのシフトタイミングを変えるスポーツモードをスイッチで選べ、インパネ中央にストップウォッチが装着されるというものだ。

このケイマンを試乗したあと、ほぼノーマルのケイマンSにも乗った。結論を先に書いてしまうと、ベーシックなほうがいい。性能的にこれでじゅうぶんという気持ちもあるが、911とは違う、ケイマンならではの個性がより明確に表現できているからだ。

エクステリアにおけるSとの違いは、フロントのリップスポイラーがシルバーから黒、ディスクブレーキのキャリパーが赤から黒、マフラーが丸型デュアルから角型シングルに変わることなど。インテリアにおける差はもっと少なく、メーターがホワイトからブラックになるぐらい。

価格差をうめる実用性

ドライビングポジションは理想的。さすがポルシェだ。レザースポーツシートは、タイトなサポート感が心地いい。センターにタコメーターを置き、スピードメーターをその左のほか、タコメーターの下にデジタルで表示するので、視線移動が最小限ですむ。スポーツカーにふさわしいレイアウトだ。
カップホルダーが助手席側のグローブボックスの上に要領よく格納されるなど、細かい部分までデザインが行き届いているのは、さすがジャーマンスポーツである。

2つのシートの後方は、ボクスターがソフトトップの格納場所になるのに対し、ケイマンではエンジンルームが台地のように存在し、後方にラゲッジスペースが続く。さらにミドシップなので、フロントにもラゲッジスペースを持つ。
荷室容量は前後合わせて410リッターで、ボクスターを130リッターも上回る。リア側がちょうど2倍になった勘定になるからだ。“台地”の上にもコートぐらいなら投げておける空間を持つ。日本でラゲッジスペースのモノサシ代わりになっているゴルフバッグも、縦に2つ並べて収納できるという。スポーツワゴンと呼びたくなるほど便利なスポーツカーである。
ボクスターより50万円ほど高い価格も、この実用性を考えれば納得できるというものだ。(後編につづく)

(文=森口将之/写真=高橋信宏、ポルシェ・ジャパン/2007年2月)


ポルシェ・ケイマン(MR/6MT)【短評(前編)】の画像 拡大
【テスト車ケイマンのオプション装備】
スポーツパッケージ:6MT+PASM=33万5000円/バイキセノンヘッドライト=16万5000円/レザースポーツシート=6.0万円/ショートシフター=9万5000円/ヒーテッドシート=7.0万円/19インチ・カレラクラシックホイール=52.0万円/グレーバンドフロントウインドウ=1万5000円/ラゲッジパーティション=4万5000円/スポーツクロノパッケージ=13万5000円
【テスト車ケイマンのオプション装備】

スポーツパッケージ:6MT+PASM=33万5000円/バイキセノンヘッドライト=16万5000円/レザースポーツシート=6.0万円/ショートシフター=9万5000円/ヒーテッドシート=7.0万円/19インチ・カレラクラシックホイール=52.0万円/グレーバンドフロントウインドウ=1万5000円/ラゲッジパーティション=4万5000円/スポーツクロノパッケージ=13万5000円 拡大

関連キーワード:
ケイマンポルシェ試乗記

あなたにおすすめの記事