第24章:「レトロモビルでも大人気、50歳の『チンクエチェント』」

2007.02.24 エッセイ

第24章:「レトロモビルでも大人気、50歳の『チンクエチェント』」

ニック・メイソンのコレクションから。フェラーリ512S。
ニック・メイソンのコレクションから。フェラーリ512S。
同じくニックのフェラーリ312T3 F1。
同じくニックのフェラーリ312T3 F1。

ニック・メイソンのコレクション

この季節、ヨーロッパの車ファンのお楽しみといえば、パリのヒストリックカー・イベント「レトロモビル」である。
今年も25日まで、約300のクラブ&ショップのスタンドが、ポルト・ド・ヴェルサイユの見本市会場ホール7/3に展開されている。

このイベントには毎年“特集”があり、今年は「スターと著名人のクルマ」だ。各メーカー、クラブとも、それにあわせて展示車をチョイスする。

さらに、特集にちなんだ特別展が据えられるのもお決まりである。今年は、ピンクフロイドのドラマー&パーカッショニスト「ニック・メイソンのコレクション」だ。

彼の“自動車グルメぶり”はこの世界では有名である。今回ドーヴァー海峡を越えて持ち込まれたのは12台で、1957年マセラーティ250F、1962年フェラーリ250GTO、1970年フェラーリ512S、ジル・ヴィルヌーヴが駆った1978年フェラーリ312 T3のイタリア車4台も入っていた。

初日、会場に現れたニック・メイソン。
初日、会場に現れたニック・メイソン。
こちらは仏アルファ・ロメオ・クラブのブースに展示されたアレーゼ博物館蔵の1967年33ストラダーレ。
こちらは仏アルファ・ロメオ・クラブのブースに展示されたアレーゼ博物館蔵の1967年33ストラダーレ。

「年車」はイタリアン

レトロモビルでは、特集のほかに毎年「年男」ならぬ「年車」を祝うのも恒例である。昨年は、ルノー4CVの誕生60周年だった。

対して今年、フランス車における節目は、シトロエン2CVの豪華版であるディアーヌの誕生40年と、プジョー・モータースポーツ99年という、出展者がちょっと苦労して探したと思われるネタであった。

対して、話題をさらったのはフィアットである。フィアット・チンクエチェントの誕生50周年だからだ。
実はメルセデスも300SLの50年を祝っていたのだが、やはりファニーなチンクエチェントのほうが共感を呼んだようだ。

事実、フランスの公営テレビが今年レトロモビルのニュースとして採り上げたのも、300SLではなく、チンクエチェントのほうだった。

公式ガイドブックについている会場見取り図を見て驚いた。裏にチンクエチェントが刷られているではないか。ちょっとしたミニポスターにもなる。
さっそくその下に記されているフィアット・クラブ・ド・フランスのスタンドを訪ねてみることにした。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

イタリアコラムニスト。1966年東京生まれ。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒。 二玄社『SUPER CG』編集部員を経て、1996年独立と同時にイタリア在住。 著書に「イタリア式クルマ生活術」光人社刊 ほか著書多数。