【スペック】全長×全幅×全高=3670×1660×1460mm/ホイールベース=2315mm/車重=1040kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(75ps/5400rpm、12.5kgm/3300rpm)/価格=183万7500円(テスト車=同じ)

シトロエンC2 1.4 VTR【試乗記】

体育会系お断り 2004.12.18 試乗記 シトロエンC2 1.4 VTR……183万7500円「サクソ」の後継車種として登場した、今のところシトロエン最小のモデルが「C2」。そのなかでも小さな1.4リッターエンジンを積むモデルに、『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。

デザインで復活の狼煙

ボディカラーは目の醒めるようなレモンイエロー。二つの円を重ねたC3が調和した平和な世界を形作っていたのに対し、後半部で意図的に破調を導入することでポップさを強調するスタイル。室内を見れば、鮮やかな黄緑と黒が明快な図形を描くクールな空間。

「オシャレで小粋なフランス車」という、紋切り型の表現がそのまま実現してしまったようなクルマではないか。世界中のクルマが平準化した、なんてウソだ。そう思わせてくれる力が、C2のデザインにはある。何でもかんでもアウディ的なプレミアム戦略に倣っているばかりなのは、やはり健全ではない。乗る前から、気分は浮き立つ。

シトロエンが、「フランス車デザインの代表」から離れてしまって久しい。「DS」や「2CV」の独創はすでに遠い歴史の彼方で、ルノーの前衛性にすっかりお株を奪われていた。ここにきて、C3、C2で復活の狼煙を上げ、先日のパリサロンで発表されたC4で高らかに復活を宣言したのだ。

「スポーティ」という個性

エンジンラインナップは1.4リッターと1.6リッターの2種類。これはC3と同じなのだが、C3では1.4には通常のATが組み合わされていたのに対し、C2は1.6と同じ「センソドライブ」が用意される。5段の2ペダルMTで、ステアリングコラムに備えられたパドルで操作する。コンパクトカーのトランスミッションは、CVTとこの2ペダルMTが席巻しつつあるようだ。

日本ではCVTのほうが圧倒的に優勢で、2ペダルMTはなかなか受け入れられない。でも、C2のキャラクターにはセンソドライブがとてもマッチしているように思える。ファミリーカー指向のC3と違い、C2には「スポーティ」という個性が与えられている。1.4リッター、わずか75馬力という非力なパワーだが、思いのほかストロークの大きいパドルを操作しながらシフトアップ、シフトダウンを繰り返すのは爽快な気分である。

もちろん全然速くはないのだが、パドルの操作に対する反応の速さがスポーティな気分を醸し出すのだ。リミットまでブンブンまわすのではなく、せいぜい5000回転くらいでシフトアップしていく。むやみにうるさいエンジン音が室内を蹂躙することもなく、交通の流れに乗って軽やかに走る。エンジンの存在感は薄くなり、ポップでカラフルな移動体の中に憩っている感覚がうれしい。そう、こんなスタイルのクルマで、いたずらに加減速を繰り返す気にはならないのだ。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。



トータルな演出力

C2に乗って、新しいスズキ「スイフト」の試乗会に出かけた。乗ったのは1.3リッターと1.5リッターのモデルで、C2とはちょうど0.1リッターずつ上下の排気量である。先代に比べればグッと洗練されたスタイルで、価格は安い。国産コンパクトがどんどんオシャレになってきている中でのC2の存在意義とはいかなるものか。

箱根の山道を走った。排気量が0.1リッター少ない1.3のモデルでも、C2よりも力強く上り坂を駆け上る。豪快な音を発し、健脚を恃んで大地を蹴っていく。C2はといえば、大地に腰を落とすというより、浮遊する感覚が強い。こころなしか、息づかいも苦しそうだ。

すまぬ。こんな場所で競わせた私が悪かった。C2よ、君はそんなことをするためのクルマではない。スポーティったって、汗臭い体育会系のスポーツではない。都市の中で、あくまでもイメージの上で楽しむスポーツなのだ。その意味で、スタイルから走りまでトータルに仕立てた演出の巧みさが、C2のいちばんの価値なのだと思う。

だから、スピードとか横Gとか、わかりやすい指標を好む人はC2のことは忘れてほしい。このスタイルが気に入るかどうか、そこが分かれ目である。見事に、スタイルから受けるイメージどおりのクルマなのだ。こんな気取ったクルマなんて俺には乗れねえ、という方は結構。こジャレた姿にピピッとくるものがあれば、運転しても好きになるはずだ。C2は、汗などかかずに、涼しげに乗るべきクルマである。

(文=NAVI鈴木真人/写真=峰昌宏/2004年12月)

関連記事
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 「アルファ4C/4Cスパイダー」に創業107周年記念の特別仕様車 2017.4.25 自動車ニュース FCAジャパンは2017年4月25日、アルファ・ロメオの創業107周年を記念した特別仕様車「4C/4C Spider 107th Edition」を設定し、2017年5月1日から6月30日までの期間限定で注文を受け付けると発表した。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
ホームへ戻る