日産の軽「ピノ」、発売1か月で約5000台を受注

2007.02.23 自動車ニュース

日産の軽「ピノ」、発売1か月で約5000台を受注

日産自動車は、2007年1月22日に発売された新型軽自動車「ピノ」の受注台数が、発売1ヶ月で、5500台を超えたと発表した。

「日産ピノ」は、「スズキ・アルト」のOEMモデル。同社では、コンパクトカーラインナップにおける“末っ子”と位置づけ、10代から20代の女性をダーゲットとする。

「フロントデザインとサイコロの模様のシートデザインが好評」で、「ボディカラーは、メイン色のライムグリーンなどカラフルな色が人気。」という。

ソニープラザとのコラボレーション企画で立ち上げた、オンラインショップ「ピノショップ」も好評で、インターネットを通じて販売される「ピノ」関連グッズは、半月で当初売り上げ目標を達成した。という。

(webCG ワタナベ)

日産の軽「ピノ」、発売1か月で約5000台を受注の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。