マツダ「AZ-ワゴン」に、スタイリッシュな「カスタムスタイル」発売

2007.02.23 自動車ニュース

マツダ「AZ-ワゴン」に、スタイリッシュな「カスタムスタイル」発売

マツダは、軽乗用車「マツダAZ-ワゴン」に「カスタムスタイル」を設定。全国のマツダオートザム系、マツダ系およびマツダアンフィニ系販売店を通じて、2007年2月23日から販売を開始する。

「カスタムスタイル」は、精悍かつスタイリッシュな印象の外観と、黒を基調に質感の高い内装を採用したモデル。

フロントには、メッキグリルを中心に、ディスチャージヘッドランプを横一列にレイアウトし、「AZ-ワゴン」とは大きく違う印象。左右に張り出したフロントバンパーのほか、ボンネットフード形状、クリアタイプのリアコンビランプもオリジナル。

内装は、黒一色を基調とし、専用ファブリックシート&ドアトリムに、ブラックメッキバーツなどが用いられる。

ラインナップは、直噴ターボエンジン(64ps)搭載の「DI」と、可変バルブタイミング機構を取り入れた直3NAユニット(54ps)の「X」の2機種。それぞれにFF、4WDが用意され、組み合わせられるトランスミッションはいずれも4段AT。

アドバンストキーレスエントリー&スタートシステムやフルオートエアコンは、全車に標準装備。また「DI」には、ターンランプ付きドアミラーカバーや専用チューニングのオーディオユニットが備わる。

ボディカラーは、濃紫系「ミステリアスバイオレット」(新色)を含め全5色。価格は119万7000から160万8600円。

(webCG ワタナベ)

マツダ「AZ-ワゴン」に、スタイリッシュな「カスタムスタイル」発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ホンダ・シビック」が日本市場にカムバック 2017.7.27 自動車ニュース ホンダが新型「シビック」を9月に発売すると発表した。10代目となる新型では、新開発のプラットフォームを通して「走る楽しさ・操る喜び」を徹底的に追及。ラインナップには「セダン」「ハッチバック」に加え、高性能モデル「タイプR」も用意されている。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • 特別な仕立ての「アバルト595コンペティツィオーネ」発売 2017.7.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年7月19日、「アバルト595コンペティツィオーネ」の特別仕様車「595コンペティツィオーネ Performance Package(パフォーマンスパッケージ)」を発表した。同年7月29日に100台限定で発売する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • 新型「AZ-ワゴン」はワゴンRのマツダ版 1998.10.14 自動車ニュース マツダは軽の新規格に適合させた、新型「AZ-ワゴン」を10月13日に発売した。新型スズキ・ワゴンRのマツダ版兄弟車である。先代の「AZ-ワゴン」は1994年、スズキから旧型ワゴンRのOEM供給を受けて登場したモデルだ。今回の新型「AZ-ワゴン」も、スズキから新型のワゴンRの供給を受けて生産される。従ってエンブレム以外、外観上の相違点がない兄弟車となっている。ボディタイプは5ドアのみで、スポーティな外観の「RR」もラインナップに加わっているが、ワゴンRに設定される「1プラス2ドア」は用意されない。搭載されるエンジンは直3SOHC、同ターボ、直3DOHC(LEV) 、同ターボの4種。ワゴンRにあるDOHC・VVT仕様は設定されない。トランスミッションは5MTと3ATのみで、ワゴンRにあるCVTの設定はない。駆動方式はFFと4WDが用意される。安全装備はデュアルエアバッグ、プリテンショナーつきシートベルト、ブレーキアシストつきABSを一部グレードに標準装備、他は5万円でセット・オプション設定する。価格は87.5〜138.7万円で、ワゴンRと実質的に同様である。AZ-ワゴンの方が、ワゴンRより納車が早かったり、値引きがいいかもしれません(?)。(Web CG スヤマ)
ホームへ戻る