自動車メディアの“聖地”、改名

2007.02.22 自動車ニュース

自動車メディアの“聖地”、改名

東洋ゴム工業は、「箱根ターンパイク」の運営管理を行う箱根ターンパイク(株)から命名権を所得したと、2007年2月20日に発表した。道路の命名権取得は日本で初めてとなる。

ドライブルートとしても人気があり、古くから自動車メディアの試乗スポットとしても知られている神奈川県小田原市にある「箱根ターンパイク」。2007年3月1日以降、その名称が「TOYO TIRES(トーヨータイヤ)ターンパイク」となる。

道路標識などサイン類も順次変更。同年6月には、大観山山頂の展望ラウンジ名も「トーヨータイヤ ビューラウンジ」とし、外装をリニューアルする予定だという。

なお通行料は従来通り、大観山線700円、十国線150円(普通車/軽自動車)。
毎年4月に開催される桜祭へのサポートや、独自のイベントも計画中とのことだ。

(webCG 依田)

「トーヨータイヤターンパイク」の新ロゴマーク
「トーヨータイヤターンパイク」の新ロゴマーク

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。