プジョー、新型SUV「4007」を発表【ジュネーブショー07】

2007.02.21 自動車ニュース

【ジュネーブショー07】プジョー、新型SUV「4007」を発表

仏プジョーは、2007年3月6日から開催されるジュネーブモーターショーで、新型SUV「4007」を発表する。

「4007」は、プジョー初となるクロスオーバーモデル。新しいプラットフォームにアプローチしたという理由で、両側スライドドアの「1007」と同様、通常より1ケタ多いナンバーが車名に与えられた。
ベースとなったのは、「三菱アウトランダー」。三菱自動車と共同開発することで、電子制御の4WDシステムを手に入れた。

フロントまわりは近年のプジョー流で、「207」や「407」と共通のフェリーヌ(猫科の猛獣)顔。ボディ後半にはアウトランダーの面影がみられる。インテリアも基本的に三菱デザインを踏襲しているようだ。

一方、ボンネット下におさまるのは、プジョーシトロエングループのエンジン。新型の2.2リッターHDiディーゼルユニットは、156ps/4000rpm、38.7kg/2000rpmを発生する。
ちなみに、アウトランダーの2.4リッターガソリンエンジンは、170ps/6000rpm、23.0/4100rpmというスペック。4007のトルキーな性格がうかがえる。

プジョージャポンによると、日本への導入は「予定ナシ」。一度、ご本家と並べてみたいものである。

(webCG 関)


プジョー、新型SUV「4007」を発表【ジュネーブショー07】の画像
FF-4WDの切り替えダイヤルは、「アウトランダー」と同様シフトレバー手前に備わる。
FF-4WDの切り替えダイヤルは、「アウトランダー」と同様シフトレバー手前に備わる。
プジョー、新型SUV「4007」を発表【ジュネーブショー07】の画像
「プジョー4007(写真上)」と「アウトランダー(写真下)」、それぞれのリアビュー。
「プジョー4007(写真上)」と「アウトランダー(写真下)」、それぞれのリアビュー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。