「ゴルフGT TSI」、2週間で1200台を受注

2007.02.21 自動車ニュース

「ゴルフGT TSI」、2週間で1200台を受注

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、2007年2月6日に発表された「ゴルフGT TSI」の受注台数が、2週間で1200台を超えたことを発表した。

ゴルフGT TSIは、スーパーチャージャーとターボチャージャーを組み合わせた“直噴ツインチャージャーエンジン”を搭載したモデル。1.4リッターながら170ps、24.5kgmと、先代2リッター(150ps、20.4kgm)を上回るアウトプットを実現。同時に低燃費化にも成功したと謳われる。

なお今年春には、7人乗りミニバンの「ゴルフ・トゥーラン」に「TSI」エンジンモデルが登場する予定。

(webCG ワタナベ)

「ゴルフGT TSI」、2週間で1200台を受注の画像

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る