【スペック】全長×全幅×全高=4755×1770×1450mm/ホイールベース=2850mm/車重=1610kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(315ps/6800rpm、36.5kgm/4800rpm)/価格=380万1000円(テスト車=462万9200円)

日産スカイライン350GT Type SP(FR/5AT)【ブリーフテスト】

日産スカイライン350GT Type SP(FR/5AT) 2007.02.20 試乗記 ……462万9200円
総合評価……★★★

新しい足まわり、ハイレスポンスなエンジンをひっさげて登場した新型「スカイライン」。もっともスポーティな「Type SP」で、その走行性能を試す。そして気になるアクティブステアの感触は?

「GT」のコンセプトが定まっていない

まとまりのいいスタイリングに適度なサイズをもつFRセダンとして、日産にとっては重要なモデルが「スカイライン」。今回のモデルチェンジでボディはさらに剛性感を増し、内装もしっかりした造りの良さは認められる。この基本を大切にして育っていってほしい。しかしチューニングはまだまだこれからで、課題は山積していると感じられる。
4WASはオプションで正解。日産もこんなことやってますという技術チャレンジはアピールできる。生産化していく段階で技術は進化していくから、実験開発レベルよりは進んでいる、これからのチューニングに期待する。

思うに、「GT-R」ではないただの「GT」をどういう性格のクルマにするか、という明確なコンセプトが見えないというか、目標が定まっていないのではないだろうか。
巷の期待はGT-RがBMWの「M」であるならば、GTはせめて「320」とか「530」などフツウのBMW並みのスポーティなFRセダンのレベルは確保してほしいところ。実用車はFFの「ティアナ」などに任せておけばいい。日産がBMWに対して優位な点があるとすれば、FF、FR両方の車種構成をもっていることだろう。FRなりの性格分けを選べるはずだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.7.28 試乗記 久々の4気筒ターボはまさかのドイツ製。メルセデスのエンジンを搭載した「200GT-t」に「スカイライン」の“らしさ”はあるか? その走りを試した。
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 伝統を継ぐということ(後編) 2014.10.9 特集 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)/スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT) 13代目「日産スカイライン」で、車名の由来となったワインディングロードを疾走。最新モデルの実力を探るとともに、半世紀以上にわたって受け継がれてきた、開発者の精神に思いをはせる。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その11) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。メルセデス・ベンツはAMGブランドの将来のGTカーをうかがわせる「メルセデスAMG GTコンセプト」や、「Eクラス カブリオレ」などを披露した。
ホームへ戻る