07ホンダモータースポーツ活動、F1にインディにスーパーGTに……

2007.02.19 自動車ニュース

07ホンダモータースポーツ活動、F1にインディにスーパーGTに……

本田技研工業は、2007年シーズンのモータースポーツ活動の体制発表会を、2月19日に開いた。四輪、二輪、さらには自転車競技と、幅広いカテゴリーに参戦する。

■ホンダF1「開幕戦に間に合うよう」

ホンダのモータースポーツ活動の筆頭といえばF1。2006年、ジェンソン・バトンにより39年ぶりのワークス優勝を手に入れたホンダは、今年も「ホンダ・レーシングF1チーム」として、バトンとルーベンス・バリケロのコンビで戦う。

マシンは、空力性能の向上を中心に開発された最新型「RA107」。エンジンは2年目の2.4リッターV8フォーミュラであるが、レギュレーションにより開発継続は凍結状態にあり、最高回転数は1万9000rpmで制限される。

今年からブリヂストンがソロサプライヤーとなることで、タイヤはミシュランからBSに変更。レギュレーションの大きな変化のなかにいるチームであるが、冬のテストではいまひとつの結果しか得られていないという。

ホンダF1の中本修平シニアテクニカルディレクターは、「正直(テストは)あまりいい状態とはいえない」としたうえで、「開幕戦に間に合うよう対策を進めている」と語った。

ニック・フライCEOが掲げる目標は、1年を通してトップレベルを維持すること。確かに昨年の戦いぶりを見ると、戦闘力にムラがあったことは否めない。ハンガリーGPの“ホンダ通算3勝目”がフロックでないことを証明する年となるだろうか。

■スーパーアグリ「なるべく早い時期にポイントを」

スーパーアグリへのエンジン供給は継続されるが、ホンダとの関係はエンジンだけにとどまらないところがクセモノ。昨年の「ホンダRA106」を販売し、それをモディファイしながらスーパーアグリ「SA07」として今年デビューさせたい両者であるのだが、これに異議あり!と他チームが声をあげているのだ。

スーパーアグリの鈴木亜久里代表は、「僕らは僕らのクルマをつくっている」とコメントしているが、奥歯にものがはさまったような感じは否めなかった。

ルールのうえでは、参戦するチームはコンストラクター(製造者)でなければならないとされている。一方、2008年からはカスタマーズカーとしてチーム同士シャシーをシェアすることが許されるとされている。解釈の問題、ということか、スーパーアグリもホンダも、合法性を主張している。

とはいいながら、わずか数ヶ月でチームをつくりあげたドタバタの昨年とは違い、今年は冬のテストにも参加できるなど準備時間はじゅうぶんある。

佐藤琢磨とアンソニー・デイヴィッドソン、かつて英国F3で同じチームにいたドライバーがステアリングを握る2007年、「なるべく早い時期にポイントを獲得したい」とエースの佐藤は意気込みを見せた。

■インディはバイオ燃料、スーパーGTには5台のNSX

IRLインディカーシリーズには、単独エンジンサプライヤーとして昨年同様参戦。今年はレギュレーションが変わり、排気量は+0.5の3.5リッターに、燃料はバイオフューエルである100%エタノールになったため、改良が施された。

さらに新たにアメリカン・ルマン・シリーズ(ALMS)にアキュラブランドで参戦する。

国内では、スーパーGTに5台の「NSX」が投入され、フォーミュラ・ニッポンには4チームに3リッターV8を供給。全日本F3やフォーミュラ・チャレンジ・ジャパンなど、底辺に至るまでサポートする。

さらに、2年連続三冠を達成したMotoGPに代表される二輪レース、モーターなしの自転車マウンテンバイクへの参戦など、もっともスポーツに力を入れているメーカーといっていい、充実の活動計画である。

(webCG 有吉)

二輪から四輪まで、選手、関係者らが登壇。
二輪から四輪まで、選手、関係者らが登壇。
ホンダF1エンジン「RA807E」
ホンダF1エンジン「RA807E」
ジェンソン・バトン、ルーベンス・バリケロは、衛星中継でコメントを寄せた。
ジェンソン・バトン、ルーベンス・バリケロは、衛星中継でコメントを寄せた。
スーパーアグリの2人、佐藤琢磨、アンソニー・デイヴィッドソンもイギリスから出演。
スーパーアグリの2人、佐藤琢磨、アンソニー・デイヴィッドソンもイギリスから出演。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。