【スペック】全長×全幅×全高=4525×1815×1440mm/ホイールベース=2760mm/車重=1600kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブ・ターボチャージャー(306ps/5800rpm、40.8kgm/1300-5000rpm)/価格=668万円(テスト車=703万7000円)

BMW335i(FR/6AT)【ブリーフテスト】

BMW335i(FR/6AT) 2007.02.17 試乗記 ……703万7000円
総合評価……★★★★★

「コンパクトスポーツセダン」の代名詞、BMW3シリーズセダンに最新の直6エンジンが搭載された。ツインターボで306psを発生する「335i」のパフォーマンスを検証する。

BMW335i(FR/6AT)【ブリーフテスト】

志ある技術者が作ったクルマ

近頃のBMWは方向性を見誤ったかと思われるモデルも続いたが、この335iに乗って安心した。このクルマにはBMW本来の操縦する楽しさが回帰してきている。久々に悦ばせてもらえたご祝儀相場もあって★は5点満点が与えられる。価格はオプション込みで704万円もするが、これならば納得。
サプライヤーの売り込みに負けて、一時は奇妙な電器製品を買い込んだ風にも見えたが、ただ任せて装備するだけでなく、買うにしてもBMWなりのチューニングは必要。そうした技術者がいなくなってしまったようにも感じていたが、志ある者が育ってきたようで喜ばしい。電子デバイスを否定するものではないが、不自然に邪魔するものは悪、存在を隠して最後の最後に救済してくれるものは良、最終的な目標に叶うものこそ吉。誤った市場要求に屈せず、BMWを信じられる方向に誘うのが課題。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
ホームへ戻る