第305回:嬉しいような悔しいような……コージの新型「MINI」愛憎ないまぜインプレッション!

2007.02.16 エッセイ

第305回:嬉しいような悔しいような……コージの新型「MINI」愛憎ないまぜインプレッション!

夜の試乗会なので、ちょっとピンぼけ。
夜の試乗会なので、ちょっとピンぼけ。

第305回:嬉しいような悔しいような……コージの新型「MINI」愛憎ないまぜインプレッション!の画像

第305回:嬉しいような悔しいような……コージの新型「MINI」愛憎ないまぜインプレッション!の画像

元オーナーとして入念なチェック!

下品な話、恋人のマル秘ゾーンのホクロまで見逃さん! とばかり入念なチェックを入れちゃいましたね。都内、それも夜中に行われたファッショナブルな新型MINI試乗会。

というのも俺は現行MINIクーパー・コンバーチブルの元オーナー。先日手放したばかりだけど、あれはいまさら責任放棄できない70年代ロールスや、思い出たっぷりの964型ポルシェ911が捨てられないがゆえの苦渋の選択だった。
それこそ「生涯持っててもいい!」って思ってたぐらいのクルマだったから、そんじょそこらの新車とは入れ込み具合が違うわけよ、ニューMINIに対しては。

ってなわけで結論をカンタンに言っちゃうと、嬉しいような悔しいような、しかしホッとさせられたデキでしたね。

とにかく全面的にクオリティアップがなされてます。大雑把には全長が55mm伸びて、エンジンがBMW製になったのがミソで、実はボディはルーフ以外、ほぼ100%新設計なんだけど、全幅はほとんど変わってないし、全高は逆に低くなってるくらい。

55mm伸びて若干高くなったノーズにしても、大部分は事故時の歩行者安全に配慮するスペースに使われ、室内スペースはほぼ変わってない。

つまり、ま、キープコンセプトと言っていいわけよ。ただ、実際目の当たりにすると結構変わってるんだよなぁ。

ますます大きくなったセンタースピードメーター。
ますます大きくなったセンタースピードメーター。
スタートボタンでエンジン始動。
スタートボタンでエンジン始動。

キープコンセプト、だけど結構変わってる

まず注目すべきは顔で、ヘッドランプがウィンカーを含めて一体型になったのはどーでもいいとして、最初に写真で見た時は、ヘッドライトが前より寝て間延びしてるのが気になった。なんだか鼻の下が伸びたようなマヌケ具合なんだよね。

ところが実物では意外と気にならない。一言で言えば慣れの問題なんだけど、おそらく根本的には人間の感覚がいかにアテにならないかってことなんだろうなぁ。
現行の2代目MINIが出た時もそうだけど、最初は初代とはデザインがだいぶ違うんで驚いた。正直、VWニュービートルの方が初代ビートルに近いと思った。

でも時間がたつと気にならなくなってくる。それはおそらくBMWのMINIチームのデザイン力で、MINIらしく魅せるためのツボはしっかり押さえてるってことでしょう。そういう意味では3代目も同様な気がする。

それより問題は乗り味よ。ハッキリ言って、MINIらしいキビキビ感をほどよくキープしたまま、全面的に軽く上質に&乗る人に優しくなってます。

一番驚いたのは乗り心地で、現行MINIも悪くはないんだけど、新型の方がハッキリといい。その分、今までよりコーナリング中のロールがややデカくなってるんだけど、まあ気にならないし、独自のキビキビ感はほぼキープ。

でね。ステアリングもまた全面的に上質かつ軽くなってんのよ! ココがおそらく最大のキモで、なんつーかそのステアリング・フィールはまさしくBMWのソレ。いや、現行MINIにしても“FF車で初めてBMWフィールが具現されてる”感じだったんだけど、ソイツがますます研ぎ澄まされております。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』