【スペック】 C70 T-5:全長×全幅×全高=4580×1835×1405mm/ホイールベース=2640mm/車重=1730kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5 DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(220ps/5000rpm、32.6kgm/1500-4800rpm)/価格=545万円(テスト車=614万4000円/パールペイント=10万8000円/ベーシックパッケージ=38万6000円/18インチアルミホイールMIRZAM=20万円)

ボルボC70(FF/5AT)/C70 T-5(FF/5AT)【試乗記】

オープンエアモータリングに「安心」を 2007.02.16 試乗記 ボルボC70(FF/5AT)/C70 T-5(FF/5AT)
……518万4000円/614万4000円

フルモデルチェンジを果たした「C70」は、電動ハードトップを採用したクーペカブリオレとなった。2つのエンジンを乗り比べ、軍配が上がったオススメグレードは……?

“CC”70!?

これまでのC70がクーペとカブリオレの2本立てだったのに対し、新型は3分割リトラクタブルハードトップを備えるクーペ・カブリオレになった。C70より“CC”70というほうがわかりやすいかもしれない。
名前の話題を続けると、このクルマは「70」といいながらも、ベースとなるのはS40/V50シリーズ。「数字はあくまでサイズを表す目安」とボルボが説明するように、新型C70は、V50よりひとまわり大きい全長4580×全幅1835×全高1405mmのボディを手に入れることになった。それでも、旧型に比べると全長は135mmも短い。

ラインナップは2.4リッター直列5気筒自然吸気エンジンを積む「C70」と2.5リッター直列5気筒ターボの「C70 T-5」のふたつで、いずれも前輪駆動を採用。今回は両方のモデルに試乗することができた。

ところで、「ボルボといえば安全」というくらい、そのこだわりようには頭が下がるが、このC70にもその思想は現れている。
なかでも目新しいのが、ドア内蔵インフレータブルカーテン。オープンモデルゆえに天井内蔵型のカーテンエアバッグが装着できないため、代わりにドアから上方向に飛び出すエアバッグを内蔵したのだ。これにより、側面衝突時に加えて横転時にも乗員の頭部を保護することができる。
また、横転時には後席背後にある「ROPSバー」が飛び出し、ロールバーの役目を果たす。その際、ルーフが閉じられた状態ならROPSバーがリアガラスを突き破るというのも、安全を第一に考えるボルボらしい発想といえよう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る