【スペック】全長×全幅×全高=4730×1795×1870mm/ホイールベース=2850mm/車重=1800kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、23.0kgm/4100rpm)/価格=341万2500円(テスト車=379万290円/DVD内蔵後席9インチワイド液晶ディスプレイ=13万6500円/SRSカーテンエアバッグ=8万4000円/コーナーセンサー=4万2000円/ビルトインETCユニット=1万8900円/フロアマット=6万4890円/ボディ色ウォームホワイトパール=3万1500円)

三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【試乗記】

ミニバンの新しい“カタチ” 2007.02.14 試乗記 三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)
……379万290円

三菱のミニバン「デリカ」が、13年ぶりにフルモデルチェンジをはたした。「D:5(ディーファイブ)」というサブネームをいただき、ハード面を一新したという5代目の乗り味は? 『webCG』のコンドーと関が試乗した。

アメ車が匂う!

コンドー(以下「コ」):めっちゃ、シカクい! 強そうや。2005年の東京モーターショーでコンセプトカーだったころの印象、そのままとは言えへんけど……。
関(以下「せ」):新しいですよ。「デリカD:5」はオフロードもイケるミニバンですけど、「ランドローバー」とはまた違うデザイン。
コ:「ハマー」に似てるやん。特にメッキグリル。ゼッタイ意識してるって。ロゴマークもアメ車風やし。
せ:三菱社内でも言われたそうです。が、ボディ同色の「スポーティグリル」やアクリル製の「スモークグリル」に換えることもできます。純正アクセサリーだけで、なんと100点以上ありますから。

コ:そりゃスゴイね。チカラ入ってる。にしても、先代「デリカ・スペースギア」とは見た目からして違い過ぎる。過去のデリカファンの反応はどうなん?
せ:2007年1月だけで4000台の受注があって、そのうち半数は先代からの乗り換えだそうですよ。

コ:デリカといえば背の高さ。特に視点の高さがポイントやったのに、ずいぶん下がった。
せ:前のは高過ぎでしょう。今回、全高は10センチダウン、車内高は逆に10センチアップというから、いかにドライバーのヒップポイントが下がったか。
コ:どんな走りを見せてくれるのか、楽しみや! さっそく乗ってみよ。

 
三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【試乗記】の画像
 
三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デリカD:5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2007.3.28 試乗記 ……379万290円
    総合評価……★★★★

    発売から1か月で目標の3倍以上受注するなど、好評が伝えられる新型「デリカD:5」。
    別人と見まごうばかりのフルモデルチェンジで、いったいどんなクルマに仕上がったのか? 笹目二朗が吟味した。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)【試乗記】 2013.2.6 試乗記 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)
    ……393万4000円

    「デリカD:5」のラインナップに、“ポスト新長期規制”に適合したクリーンディーゼルエンジン搭載車が加わった。その昔、デリカといえば、四駆にディーゼルが定番だった。いわば老舗のカムバックである。
  • 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)【試乗記】 2007.6.8 試乗記 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)
    ……375万8790円

    悪路走破性能をウリにする「デリカD:5」。セールスポイントの真偽のほどは? オフロードコースでその実力を試した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る