【スペック】全長×全幅×全高=4590×1830×1660mm/ホイールベース=2728mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(143ps/6000rpm、20.4kgm/4000rpm)

シトロエンC4ピカソ(FF/2ペダル6MT)【海外試乗記】

唯一無二 2007.02.10 試乗記 シトロエンC4ピカソ(FF/2ペダル6MT)

2006年9月のパリモーターショーに出展されたシトロエンのコンパクトハッチ「C4ピカソ」。3列シート7人乗りで、パノラマ・ルーフをはじめとする広いガラスエリアが特徴の新型に試乗。フランスからのリポート。

驚きの空間演出と個性的なデザイン

金魚鉢の中から世の中を覗いたら、その風景の広がりはきっとこんな風なのではないか!?――まずはそんな驚きを味わわせてくれるのが、「シトロエンC4ピカソ」ドライバーズシートからの視界感覚だ。

シトロエン自らが”スーパー・ワイドアングル・パノラミックウィンドウスクリーン”と称する頭上部分にまで届く大きなウインドシールドに、それを前方左右から挟み込む”巨大な三角窓”が作り出す圧倒的な視界の広がり感は、まさにこれまでのどんなクルマでも経験をしたことのないもの。

サンバイザーをビルトインしたルーフライニング前端部分をロールスクリーン状とし、ルームミラーを支えるステーをそれをスライドさせるためのレールとして用いて、日照の具合に応じて引き出せるようにしたアイディアも画期的(?)だ。そんな驚きの空間演出に加えシトロエン・ファンの歓びをさらに加速してくれそうなのが、これもまた何とも個性的なダッシュボードまわりを中心としたインテリアのデザイン。
左右をリッド付きの小物入れとしたダッシュアッパーの中央部には、ナビゲーション・モニターを中心に左右に液晶式ディスプレイを配したメーターをレイアウト。ダッシュロワーはその両端に左右席向けに独立させた空調コントロール系を配することで、いわゆるセンターパネル部分を他に例を見ないスッキリとしたデザインとしたのも特徴だ。

まだまだMT指向の強いフランス車にもかかわらず、全仕様を2ペダルモデルと割り切ることで、シフトセレクターをコラム配置としたのも珍しい。そのデザインがなんとも華奢で短く細いスティック状なのも『個性』を求めるシトロエン・ファンには受けそう。
「回らないステアリング・パッド」はこのモデルがC4シリーズの一員である事を、無言のうちにアピールする。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4ピカソ エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2015.3.4 試乗記 日本車ともドイツ車とも一味違うシトロエンのミニバン「C4ピカソ」に試乗。「よくできている」というだけでは表現しきれない、独特の魅力に触れた。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ セダクション(FF/6AT)【試乗記】 2015.2.23 試乗記 退屈なミニバンも、シトロエンが手がけるとこんなに楽しくなる。小田急ロマンスカーもかくやの前席視界を備え、シトロエン的発想に満ちた「グランドC4ピカソ」でショートツーリングに出かけた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る