第22章:「ドン底から再生の秘密は『ミニ・ゴーン』にあり!」

2007.02.10 エッセイ

第22章:「ドン底から再生の秘密は『ミニ・ゴーン』にあり!」

このたびリニューアルしたエンブレム。1931−68年のバッジにヒントを得ている。
第22章:「ドン底から再生の秘密は『ミニ・ゴーン』にあり!」

国産車を買わなくなったイタリア人

本連載は、「一時は倒産か身売りか?」とまで言われたフィアットが、いかにして復活したかを綴るのが目的だった。

しかし連載の間にも、フィアットは次々と傘下の各ブランドで新しいニュースを放ち続けた。それを読者の皆さんにもお伝えすべく、興奮しながら書いているうちに、回を重ねてしまったというのが正直なところだ。

そこで、今回はちょっと落ち着いて、フィアット再生への道筋を振り返ってみたい。

はじまりは1997年だった。当時イタリア政府が新車買い替えに奨励金制度を設けたのだ。低迷の兆しを見せ始めたイタリア車=フィアット・グループ車を何とかテコ入れしようとしたのが、その目的だった。

おかげで自動車市場は活況を呈した。ところが思わぬ事態が待っていた。人々は奨励金を使い、イタリア車ではなく、フォード、オペル、シトロエン、プジョーといった輸入車を買ってしまったのだ。

それらはイタリア人にとって、国産車よりもバリューフォーマネー感が強く、魅力的に映ったのだ。

セルジョ・マルキオンネ社長。
第22章:「ドン底から再生の秘密は『ミニ・ゴーン』にあり!」(大矢アキオ)

以前より豊かになったイタリア人

また、自動車メーカーにとってより収益力の高い高級車市場でも、以前より豊かになったイタリア人はアルファ・ロメオやランチアからドイツ製プレミアムカーに乗り換えていった。
ついでにいえば、80年代初頭の輸入規制によって周辺国と比較して普及が遅れていた日本車も、じわじわと人気が出てきた。

といって、国産車だけに奨励金の適用を絞ることなど、欧州市場統合の動きのなかで許されるものではない。

その結果、フィアット・グループはじりじりとシェアを下げ始めた。

フィアットは未来に、ある程度見切りをつけていたのだろう。2000年の米GMとの提携には、「GMは将来、フィアット株のすべてを買い取る」というオプションを盛り込んだ。

そうするうちにも、フィアットのシェア低下は止められず、グループの国内シェアは27%を割り込んだ。つまり7割以上が輸入車ということである。

株価も2001年1月に26ユーロ台だったものが、2003年2月には6.89ユーロまで下落した。2002年の赤字額は過去最高の4兆2630ユーロにまで膨らんだ。

「シチリア工場をトヨタに売却するのでは?」との噂が流れたのも、この頃である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

イタリアコラムニスト。1966年東京生まれ。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒。 二玄社『SUPER CG』編集部員を経て、1996年独立と同時にイタリア在住。 著書に「イタリア式クルマ生活術」光人社刊 ほか著書多数。