道路の変更をいち早く更新するカーナビ

2007.02.09 自動車ニュース

道路の変更をいち早く更新するカーナビ

トヨタ自動車は、カーナビゲーションシステムの地図を携帯電話網などを用いて自動更新する、地図差分配信技術「マップオンデマンド」を開発したと、2007年2月8日に発表した。

「マップオンデマンド」は、高速道路や有料道路、さらに登録済みの自宅や目的地周辺の地図を部分的に更新するというもの。カーナビ用の地図は通常年2回、全国の地図をまとめてアップデートしていたが、高速道路などは約7日後、その他の道路もデータが整い次第新しいものに置き換えられる。

データの取得には携帯電話網などを用いる。部分的な更新になるためデータ量も少なく、通信時間も短くなるという。

このシステムは、今春以降発売されるカーナビに搭載され、G-BOOKの新サービスとして順次展開していく予定だ。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。