【スペック】チェローキー“レネゲード”(4AT)全長×全幅×全高=4495×1820×1905mm/ホイールベース=2650mm/車両重量=1910kg/駆動方式=パートタイム4WD/3.7リッターV6SOHC12バルブ(210ps/5200rpm、32.1kgm/3800rpm)

ジープ・チェロキー“レネゲード”(4AT)【海外試乗記】

ワイルド・チェロキー 2002.11.08 試乗記 ジープ・チェロキー“レネゲード”(4AT)アメリカはモンタナ州ボスマンで、ジープ2003年モデルの試乗会が開催された。自動車ジャーナリストの森口将之が、ジープのニューモデル3車種に試乗。まずは、ワイルドな外観をもつ「チェロキー“レネゲード”」の印象を報告する。
ボルトオンされたオーバーフェンダーが、ワイルドさを演出する。
 
ボルトオンされたオーバーフェンダーが、ワイルドさを演出する。
	 
レネゲードのフロントシートは、ロイヤルレザーでアクセントがつけられたファブリック。アルミ調ダッシュボードが、メカニカルな雰囲気だ。
 
レネゲードのフロントシートは、ロイヤルレザーでアクセントがつけられたファブリック。アルミ調ダッシュボードが、メカニカルな雰囲気だ。
	 

復活の“裏切り者”

2001年デトロイトでデビューした3代目ジープ「チェロキー」は、2002年からわが国への上陸が始まった。低くスクエアなフォルムだった旧型とは対照的に、丸形ヘッドランプを用いた“ジープ顔”と、高く盛り上がった“こんもりルーフ”を特徴とする。従来は、カジュアルな「スポーツ」とドレッシーな「リミテッド」の2グレードだったが、2003年モデルから、3番目のグレードが加わった。
スポーツとリミテッドの間に位置する、新グレードの名前は「レネゲード」。“裏切り者”という意味をもつこのクルマは、ジープのなかでもっともスパルタンな「ラングラー」の前身「CJ-7」に、シンプルなスポーティグレードとして設定されていた。ジープファンには、お馴染みの名前なのだ。

エクステリアは、前後のオーバーフェンダーがボルトオンタイプとなり、ルーフ前端には2個の補助灯を内蔵したライトバーを装着。その後ろにはカーゴバスケットが付き、サイドシルには脱着式サイドステップが装備される。さながら、「アドベンチャーパッケージ」といったところだ。それ以外では、フロントバンパー中央がシルバーの塗り分けられ、専用アルミホイールなどを装着する。かつて出品された、ラングラーの4ドアバージョンのコンセプトカー「ダカール」のイメージを受け継いだとのことである。
キャビンはダッシュボードにアルミの帯が入り、メーターはホワイトタイプとなる。シートは中央部がクロス、サイドがレザーのコンビタイプ。クロスシートのスポーツグレードと、レザーシートのリミテッドグレードの中間であることを意識させる。ライトバーに備わる補助灯のスイッチはダッシュボード前端に配され、ハイビーム時に点灯する。


 
ジープ・チェロキー“レネゲード”(4AT)【海外試乗記】の画像
レネゲードに搭載されるエンジンは3種類。3.7リッターガソリンV6と2.8リッター直4ディーゼルターボには、4段ATが組み合わされる。欧州では、さらに2.5リッター直4ディーゼルターボ+5段MT仕様が販売される。
 
レネゲードに搭載されるエンジンは3種類。3.7リッターガソリンV6と2.8リッター直4ディーゼルターボには、4段ATが組み合わされる。欧州では、さらに2.5リッター直4ディーゼルターボ+5段MT仕様が販売される。
	 

オドロキのディーゼル

今回の試乗車は、日本仕様と同じ3.7リッターV6SOHCガソリンエンジンと、4段ATの組み合わせ。ヨーロッパ向けとして用意される、2.8リッター直4DOHC16バルブ・コモンレール式ディーゼルターボ(CRD)搭載モデルもあった。DOHC16バルブヘッドをもち、143ps/4000rpmと34.7kgm/2000〜2400rpmを発するこのエンジンは、デトロイトディーゼル製で、従来の2.5リッターCRDがマニュアルトランスミッション専用だったのに対し、今回はオートマチックのみが組み合わせられる。ATは大トルクに対応する、「グランドチェロキー」用の5段ATが使われた。ジープが北米のみならず、欧州市場も重視していることを実感さるディーゼルモデルだ。3.7リッターV6の210psに、パワーで67ps劣るものの、2.6kgm太いトルクを1400rpm以上低い回転数で発生する。

両エンジンともスムーズかつ静かだが、まわすほど力が出てくるタイプのガソリンV6に対し、CRDはスペック通りの大トルクが自慢。排気量が大きな4気筒ということもあって、音は「ガラガラ」とディーゼルっぽい。しかしターボの段付きはほとんどなく、アイドリング付近から力強い加速を披露する。オンロードでは、5つのギアを持つATのおかげで低回転を保つことができ、リラックスした気分で走れる。オフロードでは、ディーゼルならではの低回転からの厚いトルクの恩恵で、ガソリンモデル以上に走りやすかった。

レネゲードに特別装備される「ルーフライトバー」は、2個のハロゲンランプを内蔵。75000カンデラの光度があり、夜間でも前方を明るく照らすという。
 

 

さらに洗練された乗り味

シャシーは旧型の3倍の剛性をもつ。リアサスペンションはリジッドながら、フロントはダブルウィッシュボーンの独立懸架。ステアリングはラック&ピニオン式と、いずれもジープブランドとして初めて乗用車的なメカニズムを備えた現行チェロキー。オンロードでは、優れた乗り心地を披露する。2003年モデルではダンパーが新しくなり、車高がやや落とされるなどの改良が施された。おかげでオンロードでの快適性はそのままに、ステアリングの反応がよくなり、コーナーでのロールが減るなど、ハンドリングはさらに洗練された。

レネゲードはガソリンV6エンジンとの組み合わせで、2003年初頭に日本へ輸入される予定だ。わが国では四角い旧型のイメージが強いためか、いまひとつ人気が得られないジープ・チェロキー。しかし、オフロードテイストを高めたレネゲードが、現状を打開する起爆剤の役目を果たしてくれるかもしれない。

(文=森口将之/写真=ダイムラー・クライスラー/2002年10月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

チェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る