今年の「Z」は4.5リッターV8、2007年日産モータースポーツ

2007.02.09 自動車ニュース
日産ワークスチーム陣営。(中央から)本山哲、リチャード・ライアン、ミハエル・クルム、松田次生。
今年の「Z」は4.5リッターV8、2007年日産モータースポーツ

今年の「Z」は4.5リッターV8、2007年日産モータースポーツ

日産自動車とニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)は、2007年のモータースポーツ活動の体制発表会を、2月9日に開いた。

昨夜完成したばかりという2007年型「フェアレディZ」GT500マシン。レギュレーション対応に加え、ドラッグ低減、ボディ剛性向上、軽量化などが図られた。エンジンは4.5リッターV8の自然吸気に変更された。「GT-R」への橋渡しの年、ということか?
今年の「Z」は4.5リッターV8、2007年日産モータースポーツ

■V6ターボからV8 NAへ

ホンダやトヨタと違い、F1をパートナー(ルノー)に任せている日産にとって、最大のモータースポーツ活動は国内のSUPER GTシリーズだ。

2003〜05年までチームタイトル3連覇を果たした日産だが、昨年は苦戦をしいられた。今年も引き続きGT500クラスに「フェアレディZ」でワークス参戦するが、エンジンをV6ターボから、「フーガ」から移植したNAのV8に変えて、V奪還を目論む。

ワークスのNISMOチームから2台、本山哲とリチャード・ライアン、ミハエル・クルムと松田次生がステアリングを握る。

加えて、HASEMI MOTOR SPORT(セバスチャン・フィリップ、柳田真孝)とTEAM IMPUL(ブノワ・トレルイエ、星野一樹)、KONDO RACING(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ、荒聖治)、合計4チーム5台がエントリーする。

GT300クラスでは、2つのプライベートチーム計3台のZが参戦。日産が技術支援を行う。

そのほか、スーパー耐久シリーズやマーチカップレース、海外では中国サーキット選手権(初年度の昨年は「ティーダ」がチャンピオン)や米国のオフロードトラック選手権など、ちょっと地味目、だけど、グローバルに活動を繰り広げるという。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。