BMWグループ、2007年も滑り出し好調

2007.02.09 自動車ニュース

BMWグループ、2007年も滑り出し好調

独BMW AGは、2007年1月におけるグループ全体の販売台数を発表した。

1月は「BMW」「MINI」「ロールス・ロイス」あわせて、9万4276台を販売。前年同月比で0.5%増しとなった。

このうちMINIは、アメリカ市場への投入が2007年2月になるなどの理由で1万3622台(前年比−12.3%)に留まり、ロールス・ロイスも25台(同−16.7%)と低迷した。
ブランド別でもっとも台数の多いBMWが8万629台と前年から3.0%増加し、グループ全体の販売台数を押し上げたかたちだ。
モーターサイクル部門は4152台で、5.1%増だった。

同社は2007年、BMW「5シリーズ」と「1シリーズ」のマイナーチェンジ、「3シリーズ・コンバーチブル」のフルモデルチェンジを実施し、ロールス・ロイスには「ファントム・ドロップヘッド・クーペ」のコンバーチブルモデルを投入する。
1年を通じて過去最高の販売台数更新を目指すと、強気の構えを見せている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。