スバルの水平対向ターボディーゼルや電気自動車、ジュネーブに

2007.02.08 自動車ニュース
スバル水平対向ターボディーゼルエンジン
スバルの水平対向ターボディーゼルや電気自動車、ジュネーブに

【ジュネーブショー07】スバル、水平対向ターボディーゼルや電気自動車を出展

富士重工業は、ジュネーブモーターショー(2007年3月6日プレスデー)に、欧州市場へ導入予定のスバル水平対向ターボディーゼルエンジンと、電気自動車「スバルR1e」などを出展する。

「スバルR1e」
スバルの水平対向ターボディーゼルや電気自動車、ジュネーブに

ボクサー・ユニットのスバルが出すのが、水平対向ターボディーゼルエンジン。低重心特性、ディーゼルエンジンの力強い低中速トルク、同社が誇るシンメトリカルAWD(4WD)のトラクション性能といった点をアピールするため、ドライブトレインと一体化した状態で展示される。同エンジンの搭載車は、2008年に欧州市場で発売予定という。

「スバルR1e」は、2+2のユニークな軽自動車「R1」をe、すなわち電気自動車化したもの。近距離コミューターとして実用化を目指しているという同車は、将来の市販化に向けた実証試験中なのだという。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・プレオ RS 2WD(CVT)【ブリーフテスト】 2001.8.24 試乗記 ……119.5万円
    総合評価……★★★




ホームへ戻る