「フィアット・パンダ」ちょっと変わる

2007.02.08 自動車ニュース

「フィアット・パンダ」ちょっと変わる

フィアット・オート・ジャパンは、フィアットのコンパクトカー「パンダ」の装備を変え、2007年2月3日に発売した。

ベーシックモデルの「パンダ」(165.0万円)には、フロントフォグランプ、5:5分割可倒式リアシート、ESP、ISO FIX チャイルドシートアンカーを追加。上級「パンダMaxi」(186.0万円)にはフルオートエアコンとリアパーキングセンサーを与えた。

なお従来の「パンダ-Plus」は販売終了。いっぽうで「パンダ4×4 Climbing」と「パンダ4×4 Climbing-Plus」、「パンダALESSI」は継続販売される。

(webCG 有吉)

フィアット:
http://www.fiat-auto.co.jp/

「フィアット・パンダ」ちょっと変わるの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パンダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」に充実装備の限定車NEW 2017.3.27 自動車ニュース 「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」に充実した装備が特徴の限定車「218dアクティブツアラー セレクション」が登場。パーキングサポート機能やアダプティブクルーズコントロール、オートマチックテールゲートなどが標準で搭載されている。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
ホームへ戻る